※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

座敷わらしの奇妙な友情

AI作文
この記事は約2分で読めます。

ある日の夕暮れ時、小さな日本家屋に住む家族のもとに、座敷わらしが現れた。
家族は驚きながらも、座敷わらしを暖かく迎え入れ、一緒に暮らすことにした。

座敷わらしは、小さな身体と愛らしい笑顔を持ちながらも、不思議な力を持っていた。家族のために家事を手伝ったり、忘れ物を探し出したりすることができたのだ。
特に、座敷わらしと家の末っ子である小さな娘・さくらとの関係はとても深かった。
さくらは、座敷わらしの存在が大好きで、いつも一緒に遊んでいた。

ある日、さくらが学校で友達と喧嘩をしてしまった。泣きながら帰ってきたさくらに、座敷わらしは優しく声をかけた。
「さくらちゃん、どうしたの?お友達との喧嘩、大丈夫?」
「うん、だいじょうぶ。でも、私、もう友達なんていらないよ…」さくらは悲しそうに答えた。

座敷わらしは、さくらの手を取り、優しく微笑んだ。「さくらちゃん、友達は大切だよ。でも、たまには喧嘩することもあるのさ。それで仲直りすることが大事なんだよ」

さくらはうなずきながら、座敷わらしの言葉に耳を傾けた。そして、翌日学校へ行くと、頭を下げて友達に謝り、喧嘩を解消した。
さくらは喜び勇んで家に帰り、座敷わらしに報告した。「座敷わらし、友達と仲直りできたよ!ありがとう!」
座敷わらしは微笑みながら、小さな手をさくらの髪に触れた。「さくらちゃん、よくがんばったね。友達との絆は大切な宝物だよ」

それからというもの、座敷わらしとさくらの絆はさらに深まっていった。座敷わらしはさくらの心の支えとなり、さくらも座敷わらしを大切な友として、いつも一緒に過ごすようになった。

ある日、さくらの家族は引っ越すことになった。新しい家に移り、座敷わらしも一緒にやってきた。
新しい家には、さくらの部屋に座敷わらしのための小さな座敷が作られ、二人はますますの仲良しとなった。

さくらは成長し、大人になっていった。が、座敷わらしはいつも変わらず、さくらを見守り続けた。
そしてある日、さくらは自分の家で家族を持つことになった。座敷わらしは喜び勇んで、「さくらちゃん、結婚おめでとう!」と声をかけた。

新しい家族と共に幸せな日々を送るさくらだった。

幸せを運んでくれる座敷わらし

うちにも1人欲しいな

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました