※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

平和なひととき

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼はカメラを手に持って、街を歩いていた。今日は休日だったが、特に予定もなく、ふらふらと気ままに散歩していた。彼は写真が好きだったが、プロというわけではなく、趣味でスナップを撮っていた。彼は自分の目に映るものを、そのままカメラに収めるのが好きだった。人々の表情や仕草、風景や建物、色や光、影や形。彼はそれらを見て、感じて、記録していた。

彼は人混みを避けて、裏通りに入った。そこは静かで落ち着いた雰囲気で、彼はゆっくりと歩きながら、周りを見回した。すると、彼は一人の女性に目を留めた。女性は緑と白のストライプのトップスに、ジッパーがついたジャケットを羽織っていた。彼女は黒髪で、首にはチョーカーのネックレスをしていた。彼女は壁にもたれかかって、スマホをいじっていた。彼は彼女の顔が見えなかったが、彼女が楽しそうに笑っているのが分かった。彼は彼女に興味を持ち、カメラを構えた。

彼はシャッターを切ろうとした瞬間、彼女が彼の方を見た。彼女は彼がカメラを向けているのに気づいたのだ。彼は驚いて、カメラを下ろそうとしたが、彼女は怒ったり驚いたりしなかった。彼女は彼に向かって、手を上げてピースサインをした。彼は彼女のリアクションに安心し、思わず笑った。彼はカメラを再び構えて、彼女の姿を撮った。彼は彼女にありがとうと言おうとしたが、彼女はすぐにスマホに戻ってしまった。彼は彼女に声をかけるのをやめて、その場を去った。

彼はその日、たくさんの写真を撮ったが、その中で一番気に入ったのは、彼女の写真だった。彼はその写真を見て、彼女のことを思い出した。彼は彼女の名前も知らなかったが、彼女との出会いは、彼にとって特別なものだった。彼は彼女に感謝した。彼女は彼に、平和なひとときを与えてくれたのだ。

女装してお酒呑んでる余裕があるあたり

このときは平和でしたね。。。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました