※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

寒さに耐える少女

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は毎日、学校へ行くためにこの道を歩いていた。冬になると、道は雪に覆われ、木々は葉を落としていた。彼女は制服の上にコートを着て、マフラーを巻いて、手袋をはめていたが、それでも寒さに震えていた。彼女は貧しい家庭の一人娘で、父親は病気で働けず、母親は工場で働いて家計を支えていた。彼女は学校で勉強することが好きだったが、友達はほとんどいなかった。彼女はいつも一人で教室の隅に座って、本を読んでいた。他の生徒たちは彼女をからかったり、無視したり、嫌がらせをしたりした。彼女は泣きたい気持ちをこらえて、黙って耐えていた。

ある日、彼女はいつものように学校へ向かって歩いていた。道には雪が積もっていて、足跡がついていた。彼女は自分の足跡を見て、自分の人生を思った。彼女は自分が幸せだと感じたことがなかった。彼女は自分が必要とされていると感じたことがなかった。彼女は自分が愛されていると感じたことがなかった。彼女は自分が何のために生きているのかわからなかった。彼女は自分がこの世に存在する意味があるのかわからなかった。

そんなとき、彼女は道の向こうから、一匹の犬が走ってくるのを見た。犬は白くてふわふわしていて、首には赤いリボンがついていた。犬は彼女に気づいて、嬉しそうにしっぽを振って、彼女の方へ走ってきた。彼女は驚いて、立ち止まった。犬は彼女の足元に飛びついて、舌を出して、彼女の顔をなめた。彼女は犬の毛に触れて、温かさを感じた。彼女は犬の目を見て、優しさを感じた。彼女は犬の声を聞いて、喜びを感じた。彼女は犬の存在を感じて、幸せを感じた。

彼女は犬を抱きしめて、涙を流した。彼女は初めて、自分が必要とされていると感じた。彼女は初めて、自分が愛されていると感じた。彼女は初めて、自分が生きる意味があると感じた。彼女は初めて、自分がこの世に存在する価値があると感じた。

彼女は犬に笑顔を見せて、ありがとうと言った。犬は彼女に応えて、わんわんと言った。彼女は犬と手をつないで、学校へ向かって歩き始めた。道には雪が積もっていて、足跡がついていた。彼女は自分と犬の足跡を見て、自分の未来を思った。彼女は自分が幸せになれると信じた。彼女は自分が夢を叶えられると信じた。彼女は自分が愛を与えられると信じた。彼女は自分が寒さに耐えられると信じた。

元の写真のモザイクをやめて

顔加工アプリを使ってみた。

どっちがいい?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました