※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

学校の日々

AI作文
この記事は約2分で読めます。

私はいつも顔を隠している。 なぜなら、私は自分の顔が嫌いだからだ。 私は醜いと思っているし、他の人もそう思っていると感じる。 だから、私はグレーの四角い紙を切り取って、顔に貼り付けている。 それが私のマスクだ。

私は学校に行くのが嫌いだ。 学校には、私をからかったり、いじめたり、無視したりする人たちがいる。 先生も、私のことを理解してくれない。 私は授業についていけないし、友達もいない。 学校は、私にとって地獄だ。

でも、私は一つだけ好きなことがある。 それは、図書室に行くことだ。 図書室には、私が好きな本がたくさんある。 ファンタジーやミステリー、ロマンスやコメディなど、色々なジャンルの本だ。 私は本を読むとき、自分の世界に入ることができる。 本の中の人物になったり、本の中の世界に旅したりすることができる。 本は、私にとって唯一の友達だ。

ある日、私はいつものように図書室に行った。 そこで、私は驚くべきことに気づいた。 図書室の机の上に、私のイラストが置いてあったのだ。 私は趣味でイラストを描いていたが、誰にも見せたことはなかった。 どうして、私のイラストがここにあるのだろうか?

私はイラストを手に取って、裏を見た。 そこには、こんなメッセージが書いてあった。

「こんにちは。 私はあなたのイラストがとても好きです。 あなたはとても才能があると思います。 私はあなたに会いたいです。 あなたはどんな人なのか、知りたいです。 あなたの顔も見たいです。 あなたはきっと素敵な人なのだと思います。 だから、私はあなたにお願いがあります。 このメッセージに返事を書いて、明日の放課後に図書室に来てください。 私はあなたを待っています。」

メッセージの下には、署名があった。 それは、私が憧れていたクラスメートの名前だった。 あの人は、私のイラストを見て、私に興味を持ってくれたのだろうか? あの人は、私の顔を見ても、嫌わないだろうか? あの人は、私と友達になってくれるだろうか?

私は、メッセージに返事を書いた。 そして、明日の放課後に図書室に行くことにした。 私は、自分のマスクをはがす勇気を出した。 私は、自分の顔を見せることにした。 私は、自分の日々を変えることにした。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました