※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

学校の日々(続き)

AI作文
この記事は約2分で読めます。

私は、教室の隅に座っていた。今日は、学級委員の選挙があった。私は、誰もが知っているあの子に一票を入れた。あの子は、いつもみんなのことを考えてくれる優しい子だった。私は、あの子のことが好きだった。

でも、あの子は私のことなんて見てくれない。私は、目立たない存在だった。私は、自分のことを嫌いだった。

選挙の結果は、やっぱりあの子が一位になった。みんなが拍手をして、あの子が前に出てきた。あの子は、笑顔でみんなに感謝の言葉を述べた。私は、あの子の笑顔に見とれていた。

あの子は、私の方にも目をやった。私は、驚いて目をそらした。あの子は、何か言いたげに私を見ていた。私は、ドキドキした。

放課後、私は一人で教室に残っていた。私は、あの子に話しかけられるかもしれないと期待していた。でも、あの子は来なかった。私は、がっかりした。

私は、教室を出て、廊下を歩いていた。すると、後ろから誰かが私の名前を呼んだ。私は、振り返った。そこには、あの子がいた。

「ちょっと、話があるんだけど」

あの子は、そう言って私に近づいてきた。私は、緊張した。

「な、なに?」

私は、小さな声で聞いた。

「実は、君のことが好きなんだ」

あの子は、そう言って私の手を握った。私は、信じられなかった。

「ほ、本当?」

私は、目を見開いた。

「本当だよ。ずっと、君に告白したかったんだ」

あの子は、そう言って私に笑顔を見せた。私は、涙がこぼれそうになった。

「私も、あなたのことが好きだった」

私は、そう言ってあの子に抱きついた。あの子は、私の髪を撫でてくれた。

「ありがとう。君と一緒にいたい」

あの子は、そう言って私にキスをした。私は、幸せだった。

なんか続きを作らせてみたら急展開な話になった。

唐突なので、話について行くのが難しい。

でも出来るってことですね。

というか長文にするならまとめて作った方がイイかな?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました