※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

天女の舞

AI作文
この記事は約4分で読めます。

空の色がパステルカラーに染まる世界に、一人の少年が住んでいました。

彼の名前はユウキといい、天文学に夢中でした。

彼は毎晩、自分で作った望遠鏡で星空を眺めていました。

彼は星についての本を読んだり、星図を描いたり、星の名前を覚えたりしていました。

彼はいつか、宇宙に行ってみたいと思っていました。

ある夕暮れのことです。ユウキはいつものように、屋根裏部屋の窓から望遠鏡で空を見ていました。

すると、彼は驚くべき光景を目にしました。空には、美しい女性が舞っていました。

彼女は星のようにきらめく衣装と髪に咲く花に身を包み、雲の間で優美に舞っていました。

彼女の動きは一つ一つがメロディで、空気に魔法をかけていました。

天は音楽で響き渡り、星は彼女の舞を見てより明るく輝いていました。

ユウキはその光景に見とれてしまいました。

彼は彼女が誰なのか、どこから来たのか、何のために舞っているのか、知りたくなりました。

彼は思わず、望遠鏡を手に取り、彼女に声をかけました。

「あの、すみません。あなたは誰ですか?」

すると、彼女はユウキの声に気づいたようで、彼の方を向きました。

彼女は笑顔で答えました。

「私は天女と言います。私は天上から降りてきて、この美しい夕暮れに舞っているのです。

私の舞は、下界に平和と調和をもたらすのですよ」

「天女?下界?」

ユウキは驚きました。彼は天女という存在を聞いたことがありませんでした。

彼は彼女にもっと聞きたいことがありましたが、彼女は続けました。

「私はあなたに話しかけることはできません。私はもうすぐ、天に帰らなければなりません。

でも、あなたはとても素直で純真な心を持っているので、私はあなたに一つだけ願いを叶えてあげましょう。あなたは何が欲しいですか?」

ユウキは考えました。彼は宇宙に行ってみたいと思っていましたが、それは無理だと思いました。

彼は彼女にもっと会いたいと思っていましたが、それも難しいと思いました。彼は何が欲しいのか、わかりませんでした。彼は困って、彼女に尋ねました。

「あなたは何が欲しいですか?」

彼女は優しく微笑みました。

「私は何も欲しくありません。私はただ、この美しい夕暮れに舞うことが好きなのです。私はあなたにも、この美しさを感じてほしいのです」

彼女はそう言って、再び舞い始めました。彼女はユウキに手を差し伸べました。

「私と一緒に舞いましょう。私はあなたに、この空の色を見せてあげます」

ユウキは彼女の手を取りました。すると、彼は自分が空に浮かんでいることに気づきました。彼は彼女と一緒に、雲の間を舞いました。彼は彼女の手のぬくもりを感じました。彼は彼女の笑顔を見ました。彼は彼女の声を聞きました。

「これが私の舞です。これが私の世界です。これが私の贈り物です」

彼は彼女の言葉を理解しました。彼は彼女の気持ちを受け取りました。彼は彼女に感謝しました。

「ありがとう。これはとても素晴らしいです。これはとても幸せです」

彼は彼女に言いました。彼は彼女に抱きつきました。彼は彼女にキスしました。

すると、彼は目を覚ましました。彼は屋根裏部屋の窓から、望遠鏡で空を見ていました。

空には、彼女の姿はありませんでした。彼は夢を見ていたのだと気づきました。

彼は悲しくなりました。彼は彼女に会いたくなりました。

彼は彼女にもう一度話したくなりました。

彼は彼女にもう一度舞いたくなりました。

彼は彼女にもう一度キスしたくなりました。

彼は彼女に言いました。

「あなたは誰ですか?」

彼は彼女に尋ねました。

「あなたはどこにいますか?」

彼は彼女を探しました。

「あなたはいつ戻ってきますか?」

彼は彼女を待ちました。

「あなたは私を忘れませんか?」

彼は彼女に願いました。

「私はあなたを忘れません」

彼は彼女に誓いました。

「私はあなたを愛しています」

彼は彼女に告げました。

「私はあなたの天女です」

彼は彼女の声を聞きました。

「私はあなたの夢です」

彼は彼女の言葉を思い出しました。

「私はあなたの贈り物です」

彼は彼女の気持ちを感じました。

「私はあなたの舞です」

彼は彼女の舞を見ました。

「私はあなたの世界です」

彼は彼女の世界に入りました。

「私はあなたのものです」

彼は彼女のものになりました。

唐突に夢オチ?

チャイナドレスはセクシーで動きやすいから好きです。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました