※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

夢見る少女

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女はいつも通りに学校から帰ってきた。赤いパーカーと緑のチェックのスカートが彼女のトレードマークだった。彼女の名前は**葵**という。彼女は普通の高校生だったが、一つだけ特別なことがあった。彼女は夢を見ることができた。それも、自分の夢ではなく、他人の夢だった。

彼女は夢を見ることができるようになったのは、小学校のときだった。ある日、彼女はクラスメートの夢を見た。その夢は、彼が好きな女の子に告白するというものだった。彼女はその夢を見たことを彼に話したが、彼は驚いて怒った。彼は彼女を変な子だと思って、以来、彼女を避けるようになった。それ以来、彼女は夢を見ることを誰にも話さなくなった。彼女は夢を見ることができるのは自分だけだと思っていた。

彼女は夢を見ることができるのは、なぜなのかわからなかった。彼女は夢を見ることができるのは、特別な力なのか、それとも病気なのか、それともただの偶然なのか、悩んだ。彼女は夢を見ることができるのは、誰の夢でも見られるわけではなかった。彼女は夢を見ることができるのは、自分と何らかの関係がある人の夢だけだった。彼女は夢を見ることができるのは、その人の感情や思考や願望に触れることができるのだと思った。

彼女は夢を見ることができるのは、自分にとって良いことなのか、悪いことなのか、わからなかった。彼女は夢を見ることができるのは、自分の人生に影響を与えるのか、与えないのか、わからなかった。彼女は夢を見ることができるのは、自分の選択に影響を与えるのか、与えないのか、わからなかった。彼女は夢を見ることができるのは、自分の運命に影響を与えるのか、与えないのか、わからなかった。

彼女は夢を見ることができるのは、自分の秘密だと思っていた。彼女は夢を見ることができるのは、自分だけだと思っていた。しかし、彼女は間違っていた。彼女は夢を見ることができるのは、自分だけではないということを、やがて知ることになるのだった。彼女は夢を見ることができるのは、自分の運命を変えることになるのだということを、やがて知ることになるのだった。

彼女は夢を見ることができるのは、自分の物語の始まりだということを、やがて知ることになるのだった。

他人の夢を覗ける彼女がどうなるのか?

運命を変えるきっかけは

続く予定はありません。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました