※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

夕焼けの恋

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女はベッドに座って、窓から見える夕焼けを眺めていた。彼女の名前は美咲といった。美咲は長い黒髪に白いタンクトップ、手首には色とりどりのブレスレットをつけていた。彼女は今日、大切な人と別れたばかりだった。

彼の名前は悠斗といった。悠斗は美咲と同じ会社で働くイケメンの営業マンだった。美咲は悠斗にずっと憧れていたが、なかなか話す機会がなかった。ある日、美咲は悠斗に偶然エレベーターで一緒になり、挨拶をした。その時、悠斗は美咲に笑顔で返事をしてくれた。美咲はその笑顔に心を奪われた。

それから美咲は悠斗に積極的にアプローチするようになった。悠斗も美咲に興味を持ってくれたようで、二人はよくランチに行ったり、仕事帰りに飲みに行ったりした。美咲は悠斗との時間が幸せだった。悠斗は美咲に優しくて、面白くて、頼りになる人だった。美咲は悠斗に恋に落ちた。

しかし、悠斗には美咲に言えない秘密があった。悠斗は実は既婚者だったのだ。悠斗は妻とは別居中で、離婚する予定だったが、まだ手続きが済んでいなかった。悠斗は美咲に本当のことを言おうとしたが、美咲の幸せそうな顔を見ると、言えなくなってしまった。悠斗は美咲を傷つけたくなかった。

美咲は悠斗の秘密を知らなかった。美咲は悠斗と付き合っていると思っていた。美咲は悠斗に愛していると言った。悠斗も美咲に愛していると言った。美咲は悠斗と幸せになれると信じていた。

しかし、その幸せは長くは続かなかった。ある日、美咲は悠斗の妻に出会ってしまった。悠斗の妻は美咲に悠斗の本当のことを教えた。美咲はショックを受けた。美咲は悠斗に電話をした。悠斗は美咲に謝った。悠斗は美咲に本当に愛していると言った。悠斗は美咲に一緒に逃げようと言った。美咲は悠斗に答えなかった。美咲は悠斗に別れようと言った。悠斗は美咲に止めてと言った。美咲は悠斗にもう会いたくないと言った。美咲は悠斗に電話を切った。

美咲は悠斗を忘れようとした。美咲は悠斗との思い出を捨てようとした。美咲は悠斗との写真を破り捨てた。美咲は悠斗とのプレゼントを捨てた。美咲は悠斗とのブレスレットを外した。美咲は悠斗との恋を終わらせた。

美咲はベッドに座って、窓から見える夕焼けを眺めていた。美咲は涙を流した。美咲は悠斗のことを思った。美咲は悠斗のことを愛していた。美咲は悠斗のことを忘れられなかった。

こんな感じの恋はしたことないですね。

当時は未婚だったのに、声をかけた相手には

ほぼスルーされてましたし。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました