※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

夏の夜の運命

AI作文
この記事は約3分で読めます。

太郎は、自分が女装男子であることを誰にも知られたくなかった。彼は、女性として生きることに喜びを感じていたが、同時に孤独を抱えていた。彼は、自分を受け入れてくれる人がいるのだろうかと不安に思っていた。

そんな太郎が唯一心を開いていたのは、花子という女性だった。彼女は、太郎の同僚で、優しくて明るくて美しい人だった。太郎は、彼女に恋をしていたが、彼女に自分の正体を告げる勇気がなかった。彼は、彼女に嫌われたり、裏切られたりするのではないかと恐れていた。

ある日、花子が太郎に誘ってくれた。夏の祭りに一緒に行こうというのだ。太郎は、彼女とのデートに胸をときめかせたが、同時に悩んだ。祭りに行くなら、浴衣を着なければならない。浴衣を着ると、自分の女性らしさが際立つ。それは、彼女に好印象を与えるかもしれないが、自分の正体を隠すのが難しくなるかもしれない。

太郎は、迷った末に、花子とのデートを優先することにした。彼は、ピンクの浴衣を着て、髪をアップにして、化粧をして、祭りに向かった。彼は、自分の姿に満足していた。彼は、自分が女性であることを誇りに思っていた。

祭りに着くと、花子が太郎を待っていた。彼女は、緑の浴衣を着て、髪を下ろして、笑顔で太郎を迎えた。太郎は、彼女の美しさに目を奪われた。彼は、彼女に抱きつきたいと思ったが、我慢した。彼は、彼女に自分の気持ちを伝えるタイミングを探した。

二人は、手をつないで屋台を回った。太郎は、花子にたこ焼きやかき氷を買ってあげた。花子は、太郎に感謝して、彼の頬にキスをした。太郎は、幸せを感じたが、同時に罪悪感を感じた。彼は、彼女に嘘をついているのだ。彼は、彼女に自分の正体を告げるべきだと思ったが、言葉にできなかった。

二人は、花火を見る場所を探した。太郎は、花子を抱きしめて、彼女にプロポーズしようと決めた。彼は、彼女に自分の正体を告げて、彼女に許してもらおうと思った。彼は、彼女に愛していると言おうと思った。

しかし、そのとき、太郎の運命は変わった。彼は、偶然にも、健太という男性に出会ったのだ。健太は、白いシャツにジーンズ姿のイケメンだった。彼は、太郎にぶつかって、謝った。太郎は、彼の目を見た瞬間、心が揺れた。彼は、彼に惹かれてしまったのだ。

健太は、太郎に興味を持った。彼は、太郎に名前を聞いた。太郎は、咄嗟に「**タロ**」と答えた。健太は、太郎に一緒に花火を見ないかと誘った。太郎は、花子のことを思い出した。彼は、彼女を裏切ることになると分かっていた。彼は、健太に断るべきだと思った。

しかし、太郎は、健太に断れなかった。彼は、健太についていった。彼は、健太に手を引かれた。彼は、健太に抱きしめられた。彼は、健太にキスされた。彼は、健太に愛された。

太郎は、自分が何をしているのか分からなかった。彼は、自分が女性であることを忘れてしまった。彼は、自分が男性であることを思い出した。彼は、自分が健太に恋をしていることに気づいた。

太郎は、自分の選択に後悔した。彼は、花子に申し訳ないと思った。彼は、花子に謝りたいと思った。彼は、花子に別れを告げたいと思った。

しかし、太郎は、花子に会えなかった。彼は、花子を探したが、見つけられなかった。彼は、花子に電話したが、繋がらなかった。彼は、花子にメールしたが、返事がなかった。彼は、花子に失恋したのだ。

太郎は、自分の運命に泣いた。彼は、自分の幸せを捨てたのだ。彼は、自分の愛を失ったのだ。彼は、自分の人生を狂わせたのだ。

太郎は、健太にすがった。彼は、健太に許してほしいと頼んだ。彼は、健太に自分の正体を告げた。

まあもう冬ですけどね。。。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました