※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

壁の向こう

AI作文
この記事は約4分で読めます。

私はいつも、この壁の向こうに何があるのかを想像していた。壁には色とりどりの落書きが描かれていて、それぞれに物語があるように感じた。壁の一番上には、大きな文字で「FREEDOM」と書かれていた。自由とは何だろう。私は自由になりたいと思った。

私は学校に行きたくなかった。先生は厳しくて、クラスメートは嫌味ばかり言ってくる。家に帰っても、親は私に関心がない。私はいつも一人ぼっちだった。私は壁の前に立って、自分の顔を隠した。私は誰にも見られたくなかった。

ある日、私は壁の前に来ると、壁に穴が開いているのに気づいた。穴は小さくて、私の手のひらくらいの大きさだった。穴の中には、何かが動いているようだった。私は好奇心に駆られて、穴に近づいて覗き込んだ。

すると、穴の中から、小さな声が聞こえてきた。「こんにちは」と。私は驚いて、後ずさった。穴の中には、誰かがいるのだった。私は恐る恐る、穴に向かって「誰?」と尋ねた。すると、穴の中から、また声が返ってきた。「僕はカイと言うんだ。君は?」私は戸惑った。穴の中にいるのは、男の子なのだろうか。私は名前を教えた。「私はユキと言うの」

「ユキって、雪のユキ?」カイは聞いた。「うん、そうだよ」と私は答えた。「雪って、きれいだね。僕は雪を見たことがないんだ」とカイは言った。「え、本当?どこに住んでるの?」私は驚いた。「僕は、壁の向こうに住んでるんだ。ここは、暑くて乾燥してるから、雪なんて降らないよ」とカイは言った。

私は信じられなかった。壁の向こうには、別の世界があるのだろうか。私はカイに色々な質問をした。カイは私の質問に応えてくれた。カイは私と同じ年で、学校にも行っていた。でも、カイの学校は私の学校とは違って、楽しそうだった。カイは友達がたくさんいて、先生も優しかった。カイは家族とも仲が良くて、毎日笑っていた。

私はカイの話を聞いて、うらやましくなった。私はカイの世界に行きたいと思った。私はカイに尋ねた。「カイ、私も壁の向こうに行けるかな?」カイは少し考えてから、「行けると思うよ。この穴は、僕が見つけたんだ。僕は壁に穴を開けて、向こう側に何があるのかを知りたかったんだ。でも、向こう側には、君がいるだけだった」と言った。

「君がいるだけ?」私は不思議に思った。「うん、君がいるだけ。僕は壁の向こうに行ったことがないんだ。でも、君なら行けると思うよ。この穴は、君のためにあるんだから」とカイは言った。「本当に?」私は期待した。「本当だよ。だから、君は勇気を出して、壁の向こうに行ってみて。きっと、自由になれるよ」とカイは励ましてくれた。

私はカイの言葉に胸が熱くなった。私は壁の向こうに行きたいと思った。私はカイに感謝した。「カイ、ありがとう。君は私の初めての友達だよ。君に会えてよかった」と言った。「僕も、君に会えてよかった。君は私の大切な友達だよ。だから、君が幸せになることを願ってる」とカイは言った。

私はカイに別れを告げた。「カイ、じゃあね。また会おうね」と言った。「うん、また会おうね。君なら、できるよ。頑張ってね」とカイは言った。私はカイの声を最後に聞いて、穴に手を伸ばした。穴は私の手にぴったりと合った。私は穴に力を入れて、壁を押した。すると、壁はゆっくりと動き始めた。私は壁の向こうに光が差し込むのを見た。私は目を細めて、壁の向こうに飛び出した。

私は壁の向こうに着地した。私は周りを見渡した。壁の向こうには、私が想像していたよりも、ずっと美しい世界が広がっていた。空は青くて、雲はふわふわしていた。太陽は暖かくて、風は心地よかった。花は色とりどりで、香りがした。鳥はさえずって、動物は走り回っていた。人々は笑顔で、挨拶をしてくれた。

私は感動した。私は自分の目を疑った。私は夢を見ているのだろうか。私は自分の頬をつねった。痛かった。私は夢ではないと確信した。私は本当に、壁の向こうに来たのだった。私はカイの声を思い出した。「君なら、自由になれるよ」と。私はカイに感謝した。「カイ、ありがとう。君のおかげで、私は自由になれたよ」と心の中で呟いた。

私は壁の方を見た。壁は元の場所に戻っていた。穴もなくなっていた。私は壁に近づいて、手を触れた。壁は冷たくて、硬かった。私は壁に話しかけた。「カイ、聞こえるかな。私は壁の向こうに来たよ。ここはすごくきれいだよ。君もここに来てみたらいいのに」と言った。私は壁から返事があるのを待った。でも、壁は何も言わなかった。壁はただ、無言で私を見つめていた。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました