※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

剣と花

AI作文
この記事は約3分で読めます。

彼は剣を持っていた。彼女は花を持っていた。二人は運命の出会いをした。

彼は探偵だった。彼は事件の犯人を追っていた。彼は犯人が隠れていると思われる古い神社に向かった。彼は剣を抜いて、神社の中に入った。彼は神社の奥にある小さな部屋にたどり着いた。そこには、一人の女性が座っていた。彼女は白い着物を着て、手には赤い花を持っていた。彼女は彼のことを見て、微笑んだ。

彼女は花屋だった。彼女は花が大好きだった。彼女は毎日、神社に花を供えに来ていた。彼女は神社の中にある小さな部屋が気に入っていた。彼女はそこで花と話したり、歌ったりしていた。彼女はそこで平和を感じていた。ある日、彼女は部屋に入って、驚いた。そこには、一人の男性が立っていた。彼は緑と白の着物を着て、手には金色の剣を持っていた。彼は彼女のことを見て、驚いた。

二人は互いに見つめ合った。二人は互いに惹かれ合った。二人は互いに話しかけた。

彼は彼女に、自分が探偵であること、事件の犯人を追っていること、犯人がこの神社に隠れているという情報を得たことを話した。彼は彼女に、自分の剣のこと、それが代々受け継がれた家宝であること、それが自分の誇りであることを話した。

彼女は彼に、自分が花屋であること、花が大好きであること、花に癒されていることを話した。彼女は彼に、自分の花のこと、それが神社の神様に捧げたものであること、それが自分の感謝であることを話した。

二人は話し続けた。二人は笑い合った。二人は心を開いた。

彼は彼女に、自分が孤独であること、仕事に打ち込んでいること、誰かと分かち合いたいことを話した。彼は彼女に、自分が彼女に惹かれていること、彼女の笑顔が好きであること、彼女のそばにいたいことを話した。

彼女は彼に、自分が寂しいであること、花に囲まれていること、誰かに愛されたいことを話した。彼女は彼に、自分が彼に惹かれていること、彼の眼差しが好きであること、彼の手を握りたいことを話した。

二人は近づいた。二人は抱き合った。二人はキスをした。

彼は彼女に、自分と一緒に逃げてほしいと言った。彼は彼女に、自分と一緒に暮らしてほしいと言った。彼は彼女に、自分と一緒に幸せになってほしいと言った。

彼女は彼に、自分も一緒に逃げたいと言った。彼女は彼に、自分も一緒に暮らしたいと言った。彼女は彼に、自分も一緒に幸せになりたいと言った。

二人は手を取った。二人は立ち上がった。二人は部屋を出た。

しかし、そこには、事件の犯人が待ち構えていた。犯人は彼らに銃を向けた。犯人は彼らに笑った。

彼は彼女を守ろうとした。彼は剣を振った。彼は犯人に刺した。

しかし、犯人は銃を撃った。犯人は彼に当てた。犯人は彼を倒した。

彼女は彼を助けようとした。彼女は花を投げた。彼女は犯人に当てた。

しかし、犯人は銃を撃った。犯人は彼女に当てた。犯人は彼女を倒した。

二人は倒れた。二人は血を流した。二人は息を引き取った。

彼は彼女の手を握った。彼は彼女の名前を呼んだ。彼は彼女に愛していると言った。

彼女は彼の手を握った。彼女は彼の名前を呼んだ。彼女は彼に愛していると言った。

二人は互いに見つめ合った。二人は互いに微笑んだ。二人は互いに死んだ。

彼は剣を持っていた。彼女は花を持っていた。二人は運命の別れをした。

刀めっちゃ長い。

FF7の正宗くらいあるんじゃね?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました