※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

冬の朝の登校

AI作文
この記事は約2分で読めます。

雪が降りしきる朝、彼女は大きなバッグを持って家を出た。今日は学校の最終日だった。明日からは冬休みに入る。彼女は学校に行くのが好きだった。友達と話したり、先生から勉強したり、部活に参加したりするのが楽しかった。でも、今日は違っていた。今日は、彼女にとって特別な日だった。

彼女はバス停まで歩いた。雪が靴に積もっていた。バスはまだ来ていなかった。彼女はバス停のベンチに座って、バッグの中を確認した。そこには、彼女が一生懸命作ったものが入っていた。彼女はそれを彼に渡すつもりだった。彼というのは、彼女がずっと好きだったクラスメイトだった。彼は優しくて、面白くて、頭が良くて、スポーツもできた。彼女は彼のことをよく見ていた。でも、彼に話しかけることはできなかった。彼女は恥ずかしがり屋だったからだ。

彼女は彼に想いを伝えたかった。でも、どうやって伝えればいいのかわからなかった。手紙を書いてもいいかと思ったが、それは古臭いと思った。メールやラインを送ってもいいかと思ったが、それは冷たいと思った。彼女は何か特別なものを作ろうと思った。それで、彼女は彼のためにマフラーを編んだ。彼女は編み物が得意だった。彼女は彼の好きな色を選んで、毛糸を買って、夜な夜な編んだ。彼女は彼に温かくなってほしかった。彼女は彼に自分の気持ちを感じてほしかった。

バスが来た。彼女はバスに乗って、学校に向かった。学校に着くと、彼女は彼を探した。彼はいつもの場所にいた。彼は友達と話していた。彼は笑っていた。彼はかっこよかった。彼女は彼に近づいた。彼女は彼に声をかけた。彼は彼女に気づいた。彼は彼女に挨拶した。彼は彼女に笑顔を見せた。彼女はドキドキした。

彼女はバッグからマフラーを取り出した。彼女はマフラーを彼に差し出した。彼女は彼に言った。「これ、あなたにあげます。私が作りました。寒いから、これで暖かくしてください。」彼は驚いた。彼はマフラーを受け取った。彼はマフラーを見た。彼はマフラーに触った。彼はマフラーの柔らかさに感動した。彼は彼女に言った。「ありがとう。すごく嬉しい。これ、すごく素敵だ。」彼はマフラーを首に巻いた。彼はマフラーを自慢した。彼は彼女に言った。「これ、ずっと大切にします。これ、ずっと着ています。」彼女は嬉しかった。彼女は泣きそうだった。彼女は彼に言った。「私、あなたのことが好きです。」彼はびっくりした。彼は彼女を見た。彼は彼女に言った。「私も、あなたのことが好きです。」彼は彼女にキスした。彼女は幸せだった。彼女は夢見心地だった。

雪が降り続いた。冬の朝の登校は、彼女にとって忘れられない思い出になった。

冬休みとっくに終わってるよね?

人によっては進路が決まって自由な感じになってる?

あと中間服で冬に出歩いたら寒いです。


このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました