※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

冬の優雅さ

AI作文
この記事は約4分で読めます。

彼女は椅子に座って、雪の降る景色を眺めた。彼女の着物は白と青の花柄で、冬の空気に映えていた。彼女は椅子の背もたれにもたれかかり、深く息を吸った。彼女はこの場所が好きだった。ここは彼女の隠れ家だった。

彼女はここに来るたびに、自分の人生を振り返った。彼女は若いころから、多くの人々に慕われ、尊敬されてきた。彼女は美しく、賢く、優雅で、芸術的な才能にも恵まれていた。彼女は何でもできると思われていた。しかし、彼女は本当に幸せだっただろうか?

彼女は自分の心の中に、満たされない空虚感を感じていた。彼女は自分の人生を自分で選んだのではなく、他人の期待に応えるために生きてきたのではないかと思った。彼女は自分の本当の夢や願いを見失っていたのではないかと思った。彼女は自分の本当の自分を知っている人がいるのだろうかと思った。

彼女はそんなことを考えながら、雪の中に落ちている紅葉を見つけた。彼女はそれを拾って、手のひらに乗せた。紅葉は鮮やかな赤色で、雪の白さと対照的だった。彼女は紅葉に触れて、ふと思い出した。彼女はかつて、紅葉の季節に、ある人と出会ったことがあった。その人は彼女にとって、特別な人だった。

その人は彼女とは違って、普通の人だった。彼女の名前や肩書きや才能に興味がなく、彼女の人としての魅力に惹かれた。彼は彼女に笑顔を見せてくれた。彼は彼女に優しく話しかけてくれた。彼は彼女に自分の夢や願いを聞いてくれた。彼は彼女に自分の本当の自分を見せてくれた。

彼女はその人と一緒にいるときだけ、自由になれた。彼女はその人と一緒にいるときだけ、幸せになれた。彼女はその人と一緒に、紅葉の散る道を歩いた。彼女はその人と一緒に、紅葉の舞う空を見上げた。彼女はその人と一緒に、紅葉の色づく心を感じた。

しかし、彼女とその人の関係は長くは続かなかった。彼女の周りの人々は、彼女にふさわしくないと言った。彼女の立場や責任は、彼女に自分の気持ちを優先することを許さなかった。彼女はその人と別れることを決めた。彼女はその人に、最後の別れの言葉を告げた。

「ごめんなさい。私はあなたを愛しています。でも、私はあなたと一緒にいられません。私はあなたを忘れません。私はあなたの幸せを祈ります。さようなら。」

彼女はその人の涙を見て、自分の涙をこらえた。彼女はその人の手を離して、背を向けた。彼女はその人の声を聞いて、耳をふさいだ。彼女はその人の姿を見ないように、目を閉じた。彼女はその人のことを考えないように、心を閉ざした。

それから何年も経った。彼女はその人のことを思い出すことはなかった。彼女はその人のことを知る人に会うことはなかった。彼女はその人のことを聞くことはなかった。彼女はその人のことを感じることはなかった。彼女はその人のことを忘れたと思っていた。

しかし、彼女は今、紅葉を見て、その人のことを思い出した。彼女は今、紅葉に触れて、その人のことを感じた。彼女は今、紅葉に語りかけて、その人のことを聞いた。

「あなたは今、どこにいますか?あなたは今、何をしていますか?あなたは今、誰といますか?あなたは今、幸せですか?」

彼女は紅葉に答えを求めたが、紅葉は何も言わなかった。紅葉はただ、彼女の手の中で静かに揺れた。彼女は紅葉に涙を落としたが、紅葉は何も変わらなかった。紅葉はただ、彼女の手の中で冷たくなった。

彼女は椅子から立ち上がった。彼女は着物の裾を整えた。彼女は椅子の背もたれに手を置いた。彼女は雪の降る景色をもう一度見た。彼女は紅葉を雪の上に置いた。彼女は紅葉に別れの言葉を告げた。

「さようなら。私はあなたを愛しています。でも、私はあなたと一緒にいられません。私はあなたを忘れません。私はあなたの幸せを祈ります。さようなら。」

彼女は紅葉に微笑んで、背を向けた。彼女は紅葉に耳を傾けて、声を聞いた。彼女は紅葉に目を向けて、姿を見た。彼女は紅葉に心を開いて、気持ちを伝えた。

「ありがとう。私はあなたを愛しています。私はあなたと一緒にいたいです。私はあなたを忘れません。私はあなたの幸せを願います。ありがとう。」

彼女は紅葉に手を伸ばしたが、紅葉はもうなかった。紅葉は雪に埋もれて、消えてしまった。

最近冷え込みますね。

私が住んでいるところは雪は降ってませんが

あと、才能なんて何もありませんが。。。

冬+着物はなんとなく物悲しい感じがするんですかね?

たまには綺麗に着こなしたい。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました