※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

冬のファッション

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女はピンクの壁にもたれかかって、自分の姿をスマホで撮影した。冬のコーディネートに満足していた。ダークなセーターとスカートに、キラキラしたシューズ。そして、誰にも見せないシークレットガーター。彼女は自分のスタイルが好きだった。クールでカワイイ。自分らしい。

彼女は写真をSNSにアップした。フォロワーからのいいねやコメントを期待していた。しかし、彼女が本当に気になっていたのは、あの人からの反応だった。あの人とは、彼女が通っている美容院のスタイリストだった。彼女は彼のことが好きだった。彼のセンスや話し方や笑顔に惹かれていた。彼女は彼に気づいてもらいたかった。彼に自分のことを好きになってもらいたかった。

彼女はSNSをチェックし続けた。やがて、彼からのいいねが届いた。彼女は嬉しくなった。そして、彼からのコメントも見つけた。彼女はドキドキした。彼は何と言っているのだろうか。彼女はコメントを開いた。

「冬のファッション、素敵ですね。ピンクの背景に映えてます。」

彼女はがっかりした。それだけか。もっと褒めてほしかった。もっと気になってほしかった。もっと深い関係になりたかった。彼女は涙ぐんだ。そして、彼女は気づいた。彼は彼女の顔を見ていないのだ。彼は彼女の顔を知らないのだ。彼女は自分の顔を隠していたのだ。彼女は自分の顔を恥ずかしがっていたのだ。彼女は自分の顔を嫌っていたのだ。

彼女は悲しくなった。自分の顔を隠していては、彼に愛されることはないと思った。自分の顔を受け入れて、彼に見せなければならないと思った。自分の顔を好きにならなければならないと思った。彼女は決心した。自分の顔を見せることにした。自分の顔を撮影することにした。自分の顔をSNSにアップすることにした。

彼女はピンクの壁から離れて、カメラを自分の顔に向けた。そして、シャッターを切った。彼女は写真を見た。彼女は驚いた。彼女は笑っていた。彼女は美しかった。

髪の毛が帽子と認識されたみたいですね。

ウィッグなんで、確かに取れるんですけど。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました