※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

写真の中の私

AI作文
この記事は約3分で読めます。

「あなたは誰?」 写真に映る少女の顔を覆う茶色い四角に、その問いが刻まれていた。 写真は、黄色い壁の前に立つ少女の全身を撮ったものだった。少女は、栗色のカーディガンに白いトップス、チェック柄のスカートという、普通の女子高生のような服装をしていた。黒いタイツと靴も目立たなかった。しかし、顔だけは何者かにぼかされていた。そして、その上に茶色い四角が貼り付けられていたのだ。 写真は、私の机の上に置かれていた。私は、探偵事務所を営む三島和也という男だ。この写真は、今朝、郵便で届いたものだった。差出人は不明だった。封筒の中には、写真のほかに、一枚のメモが入っていた。メモには、次のように書かれていた。

「この写真には、あなたにとって重要な人物が写っています。彼女の名前は、松本美咲といいます。彼女は、あなたの娘です。あなたは、彼女の存在を知りませんでしたね。でも、それは事実です。彼女は、あなたとある女性との間に生まれた子供です。その女性は、あなたのかつての恋人です。彼女の名前は、小林真理といいます。あなたは、彼女のことを覚えていますか?あなたは、彼女を裏切りました。あなたは、彼女を捨てました。あなたは、彼女を殺しました。あなたは、彼女の死体を埋めました。あなたは、彼女のことを忘れようとしました。でも、それはできませんでしたね。彼女は、あなたの心の中に残っています。彼女は、あなたに復讐しようとしています。彼女は、あなたの娘を利用して、あなたに罰を与えようとしています。彼女は、あなたの娘を殺そうとしています。あなたは、それを阻止できますか?あなたは、彼女の名前を知りますか?あなたは、彼女の顔を見ますか?あなたは、彼女の声を聞きますか?あなたは、彼女の手を握りますか?あなたは、彼女の涙を拭きますか?あなたは、彼女の笑顔を見ますか?あなたは、彼女の幸せを願いますか?あなたは、彼女を愛しますか?あなたは、誰ですか?」

メモには、署名も日付もなかった。私は、メモと写真を見て、呆然とした。私は、このメモの内容が、何を意味するのか、理解できなかった。私は、松本美咲という名前の少女を知らなかった。私は、小林真理という名前の女性を知らなかった。私は、誰かを裏切ったり、捨てたり、殺したり、埋めたりしたことがなかった。私は、自分が父親だということを知らなかった。私は、自分が復讐されるべき罪人だということを知らなかった。私は、自分が誰なのか、わからなくなっていた。 私は、メモと写真をもう一度見た。そして、気づいた。私は、この写真に写っている少女の顔を、どこかで見たことがあると。私は、この写真に写っている少女の顔を、鏡で見たことがあると。私は、この写真に写っている少女の顔を、自分の顔だと思ったことがあると。私は、この写真に写っている少女の顔が、自分の顔だと気づいた。私は、この写真に写っている少女が、自分だと気づいた。私は、この写真に写っている少女が、私だと気づいた。 私は、この写真に写っている少女が、私だと気づいたとき、恐怖に震えた。私は、この写真に書かれた問いに答えられなかった。私は、自分が誰なのか、わからなかった。私は、自分の名前を知らなかった。私は、自分の顔を見られなかった。私は、自分の声を聞けなかった。私は、自分の手を握れなかった。私は、自分の涙を拭けなかった。私は、自分の笑顔を見られなかった。私は、自分の幸せを願えなかった。私は、自分を愛せなかった。私は、誰だったのだろうか?

なんか微妙なところで終わった。

写真の方の頭のカチューシャが

個人的は一番の謎ですね。

何だったんだろうあれ、全然記憶にない。。。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました