※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

光の舞 (Dance of Light)

AI作文
この記事は約3分で読めます。

彼女は光の中で踊っていた。彼女の名前はユイという。彼女は光の使い手で、月の力を借りて魔法を使うことができた。彼女は月の神殿で修行していたが、今日は特別な日だった。今日は満月の夜で、彼女は初めて月の祭りに参加することになっていた。

月の祭りとは、月の神に感謝と祈りを捧げる儀式である。光の使い手たちは、月の光を浴びて魔法を強化し、美しい舞を披露する。彼女はその舞の一人として選ばれたのだ。彼女はとても嬉しくて、一生懸命に練習していた。彼女は自分の魔法を見せつけたいと思っていた。彼女は自分の魔法が一番だと思っていた。

彼女は神殿の庭に出て、月の光を受けた。彼女は深呼吸をして、魔法の呪文を唱えた。すると、彼女の周りに金色の光が巡り始めた。彼女はその光を操って、自分の身体に纏わせた。彼女は魔法の衣装を作り出した。それは赤い色で、金の模様が入っていた。彼女はその衣装に満足げに微笑んだ。彼女は自分がとても美しいと思った。

彼女は音楽に合わせて、舞い始めた。彼女は光を自在に操り、色々な形に変えた。彼女は光の花や光の蝶や光の鳥を作り出した。彼女はそれらを自分の周りに飛ばした。彼女は自分の舞がとても素晴らしいと思った。

彼女は周りの人々の反応を見た。彼女は彼らが自分に感嘆したり、拍手したり、称賛したりするのを期待していた。しかし、彼女はそうではないことに気づいた。彼らは彼女に無関心だった。彼らは彼女の舞を見ていなかった。彼らは他の光の使い手たちの舞に見入っていた。彼らは彼女の魔法に感動しなかった。彼らは彼女の魔法に飽きていた。

彼女は怒りと悲しみと嫉妬に満ちた。彼女は自分の魔法が認められないことに腹を立てた。彼女は自分の魔法が無視されることに悔しがった。彼女は自分の魔法が劣っていることに焦った。彼女は自分の魔法をもっと強くすることに決めた。彼女はもっと月の力を引き出そうとした。彼女はもっと光を集めようとした。彼女はもっと目立とうとした。

彼女は魔法の呪文を高らかに唱えた。すると、彼女の周りに金色の光が爆発した。彼女はその光を一気に吸収した。彼女はその光を自分の身体に満たした。彼女はその光を自分の魔法に注ぎ込んだ。彼女はその光を自分の舞に表現した。彼女はその光を自分の存在に示した。

彼女は光の中で踊っていた。彼女は光そのものになっていた。彼女は光の使い手ではなく、光の神になっていた。彼女は自分の魔法が一番だと確信していた。彼女は自分の舞が一番だと主張していた。彼女は自分の美しさが一番だと自慢していた。

彼女は周りの人々の反応を見た。彼女は彼らが自分に驚いたり、恐れたり、崇拝したりするのを期待していた。しかし、彼女はそうではないことに気づいた。彼らは彼女に怒っていた。彼らは彼女の舞を非難していた。彼らは彼女の魔法を罰していた。彼らは彼女の美しさを妬んでいた。

彼女は理解できなかった。彼女は自分が何を間違えたのか分からなかった。彼女は自分が何をしたのか覚えていなかった。彼女は自分が誰なのか忘れていた。彼女は自分の名前を忘れていた。彼女は光の中で踊っていた。彼女は光の中で消えていった。

コスプレ系はやはり異世界に飛ぶな。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました