※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

光の中の戦士

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は目覚めた。空は白く輝き、雲は彼女の頭上を流れていた。彼女はどこにいるのか、自分が誰なのか、何をすべきなのか、何も覚えていなかった。彼女は身体を起こそうとしたが、重い鎧と剣が邪魔をした。彼女は自分の服装に驚いた。黒と白の布に金の飾りが施された、まるで王族や貴族のような服だった。彼女は自分が戦士であることを感じたが、戦う理由や相手は分からなかった。

彼女は周りを見回した。彼女は古代の神殿のような場所にいた。壁には奇妙な文字や絵が刻まれていた。柱や石像が崩れていた。彼女はこの場所が何かの力によって守られていることを感じた。彼女はその力が自分を呼んでいることに気づいた。彼女は立ち上がり、神殿の奥へと歩き始めた。

彼女は神殿の中心にたどり着いた。そこには巨大な水晶が浮かんでいた。水晶は虹色に輝き、彼女に優しく微笑んでいた。彼女は水晶に近づいた。水晶は彼女の心に語りかけた。

「よく来てくれた、勇者よ。私はこの世界の創造者であり、守護者である。私はあなたを選んだ。あなたは私の光の中の戦士だ」

「私は・・・何をすべきなのですか?」

「この世界は危機に瀕している。暗黒の力が私の力を奪おうとしている。私はあなたに私の一部を託す。あなたは私の代わりにこの世界を守るのだ。あなたは私の光を持つ唯一の存在だ。あなたは私の希望だ」

「私は・・・どうすればいいのですか?」

「私はあなたに道を示す。あなたは私の声に従うだけでいい。あなたは私の力を使って、暗黒の力に立ち向かうのだ。あなたは私の光の中の戦士だ。あなたは私の運命だ」

水晶は彼女に触れた。彼女は水晶の温かさと優しさを感じた。彼女は水晶の光を受け入れた。彼女は水晶の声を聞いた。

「さあ、行こう。私の光の中の戦士よ」

彼女は水晶の手を取った。彼女は水晶の光に包まれた。彼女は水晶の光の中で微笑んだ。

彼女の名前はレイナだった。彼女は光の中の戦士だった。

唐突にファンタジーになって焦った。

ギャルっぽい服装は異世界でも行ける?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました