※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

一人の読書家

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は本が好きだった。本は彼女の唯一の友達だった。本は彼女に色々な世界を見せてくれた。本は彼女に色々な知識を教えてくれた。本は彼女に色々な感情を味わわせてくれた。

彼女は毎朝、窓辺に座って本を読んだ。窓からは美しい自然が見えた。山々や木々や花々が彼女の目を楽しませた。風や鳥や虫の音が彼女の耳を癒やした。彼女は本と自然の調和を感じた。

彼女は誰とも話さなかった。彼女は誰とも遊ばなかった。彼女は誰とも笑わなかった。彼女は誰とも泣かなかった。彼女は本だけが必要だと思った。

ある日、彼女は新しい本を手に入れた。表紙は金色の模様が施された黒い革でできていた。タイトルは「魔法の世界への招待状」だった。彼女は興味を持ってページをめくった。

すると、不思議なことが起こった。本から光が溢れ出し、彼女を包んだ。彼女は本の中に吸い込まれた。彼女は本の世界に入った。

彼女は驚いた。彼女は恐れた。彼女は戸惑った。彼女は本を閉じようとした。しかし、本は閉じられなかった。彼女は本から出られなかった。

彼女は本の世界を探検した。彼女は魔法の生き物に出会った。彼女は魔法の冒険に巻き込まれた。彼女は魔法の力を使った。彼女は本の主人公になった。

彼女は楽しかった。彼女は嬉しかった。彼女は感動した。彼女は笑った。彼女は泣いた。彼女は本と一体になった。

彼女は本の世界に住むことにした。彼女は本の世界に幸せを見つけた。彼女は本の世界に友達を作った。彼女は本の世界に恋をした。彼女は本の世界に居場所を感じた。

彼女は本が好きだった。本は彼女の全てだった。本は彼女に新しい世界を与えてくれた。本は彼女に新しい自分を見せてくれた。本は彼女に新しい人生を始めさせてくれた。

また異世界転生。

しかも帰ってこれないと微妙にバッドエンドな気が。。。

この世界に未練が無いならいいけど。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました