※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

ロックスターの夢

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女はギターを弾くのが大好きだった。

小さい頃から、音楽に魅了されていた。

彼女は自分の部屋で、好きな曲を練習したり、オリジナルの曲を作ったりしていた。

彼女はいつか、大きなステージで、たくさんの人に自分の音楽を聴かせたいと思っていた。

彼女はロックスターになることを夢見ていた。

しかし、彼女の両親は音楽に理解がなかった。

彼女に勉強をさせたり、就職をさせたりしようとした。

彼女に音楽は趣味であって、仕事にはならないと言った。

彼女のギターを捨てようとしたこともあった。

彼女は彼らと喧嘩をしたり、反抗したりした。

彼女は自分の夢を諦めたくなかった。

ある日、彼女は街で、ロックバンドのメンバー募集のチラシを見つけた。

彼女は興味を持って、連絡先に電話をかけた。

すると、バンドのリーダーが出た。

彼女は自分の名前と、ギターが弾けることを伝えた。

リーダーは彼女に、明日の夜、ライブハウスに来て、オーディションを受けてほしいと言った。

彼女は喜んで、了解した。

彼女は翌日、ギターを持って、ライブハウスに向かった。

彼女はドキドキしながら、バンドのメンバーと挨拶をした。

彼女に、一緒に演奏してみようと言った。

彼女はギターを繋いで、音を合わせた。

彼女は自信を持って、弾き始めた。彼女は自分の音楽を表現した。

彼女はロックスターになった気分だった。

彼女の演奏は素晴らしかった。

バンドのメンバーは彼女に感心した。

彼女に、バンドに入ってほしいと言った。

彼女は嬉しくて、承諾した。

彼女は夢に一歩近づいた。

彼女はこれからも、ギターを弾き続けると誓った。

彼女はロックスターになることを夢見ていた。

バンドの募集って実は見たことないです。

結構仲間内で集まるものかと思ってます。

めっちゃ楽器被るけどな。

ちなみにこの構図は以前の記事でも使ってます。

イラストをちょっと変えて、モザイクから加工へ。

気が向いたら探してみて下さい。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました