※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

リラックスタイム

AI作文
この記事は約2分で読めます。

今日は久しぶりに休みだった。朝から何も予定がなくて、好きなことをする時間がたっぷりあった。私はまず、お気に入りのカフェに行って、コーヒーとケーキを注文した。窓際の席に座って、外の景色を眺めながら、本を読んだ。本は、私が大好きなミステリー作家の最新作だった。謎解きに夢中になって、気づいたら2時間も経っていた。

カフェを出て、次はショッピングモールに向かった。私は服やアクセサリーを見るのが好きだった。特に、白と黒のコントラストが美しいものに惹かれた。ピンクのバックグラウンドに映えるような、シンプルでエレガントなスタイルだった。試着室でいくつかの服を着てみたが、どれも気に入らなかった。私は、自分の持っている服に満足していた。だから、買うのはネックレスだけにした。それは、小さなリボンがついた、かわいらしいものだった。

ショッピングモールを出た後、私はタクシーに乗って、自分のアパートに帰った。アパートに着いたら、私はまず、お風呂に入った。熱いお湯に浸かって、一日の疲れを癒した。お風呂から上がったら、私は部屋着に着替えた。白いトップスに、黒いスカートだった。そして、ストッキングと靴も履いた。私は、自分の部屋の中で、自分のファッションを楽しんだ。鏡の前に立って、ポーズをとったり、ネックレスをつけたり、外したりした。私は、自分の姿に満足していた。

私は、自分の部屋の中で、自分の時間を過ごした。私は、ピンクのカーペットの上に座って、本を読んだり、音楽を聴いたり、雑誌をめくったりした。私は、自分の好きなものに囲まれて、幸せだった。私は、誰にも邪魔されない、リラックスタイムを楽しんだ。私は、自分の人生に満足していた。

そして、夕方になって、私の携帯電話が鳴った。それは、私の彼氏からの電話だった。彼は、私に会いたいと言った。私は、彼にも会いたかった。私は、彼に、今日の自分の過ごし方を話した。彼は、私の話を聞いて、笑った。彼は、私のことをかわいいと言った。私は、彼のことを素敵だと思った。私は、彼に、今から会いに行くと言った。彼は、私を待っていると言った。私は、携帯電話を切って、部屋を出た。私は、ピンクのカーペットの上に、本とネックレスを置いた。私は、彼に会いに行った。

こんな感じのまったりした休日を楽しみたい。

もうファッションショーはしないけど。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました