※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

リボンと共に踊る夢

AI作文
この記事は約2分で読めます。

ピンク色の部屋で、彼女は踊っていた。

キッチンのシンクの隣、家具の影が薄暗い部屋をさらに神秘的にしていた。

彼女の手には黄色いリボンが握られ、そのリボンは彼女の動きに合わせて空中を舞っていた。

彼女には名前がない。なぜなら、彼女は夢の中の存在だからだ。

毎晩、この部屋に現れては、誰もいない部屋で踊り続ける。

彼女の顔は見えない。それは、彼女が誰か特定の人物ではなく、見る人それぞれの想像力に委ねられているからだ。

この夢を見るのは、ある青年だった。

彼は毎晩、この夢の中で彼女と一緒に踊ることを楽しみにしていた。

彼にとって、彼女は完璧なダンスパートナーだった。

彼女の動きは自由で、彼女のリボンは彼の心を解き放つ鍵だった。

しかし、ある夜、彼女は現れなかった。

青年は部屋の中を探し回ったが、彼女の姿はどこにもなかった。

リボンも、彼女の踊りも、彼女の存在も、すべてが消えてしまった。

青年は目を覚ました時、何か大切なものを失ったような感覚に襲われた。

それからというもの、青年は毎晩、彼女が戻ってくるのを待ち続けた。

彼は彼女の踊りを見るために、夢の中で何時間も何時間も待った。

そしてついに、彼女は戻ってきた。

彼女は以前と変わらず、黄色いリボンを手に踊っていた。

青年は理解した。彼女は永遠には彼のものにはならない。

彼女は夢の中の一時的な逃避であり、現実世界には存在しない。

それでも、彼は彼女との時間を大切にし、彼女の踊りからインスピレーションを受けて、

自分自身の人生を踊り続けることを決めた。

リボンは持ってないですけどね。

服のひらひらがリボンになったのかな?

今日はホワイトデーなので、世の男性は

家族や仲の良い人に何かやってあげて下さい。

私も家族くらいには何かしようかと。。。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました