※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

ミステリーキラー:ベンチマンの選択

AI作文
この記事は約4分で読めます。

彼はベンチに座って、膝に顔を埋めていた。周りの人々は彼に気づかないかのように歩いていく。彼は誰も見ていないと思っていたが、実は彼の後ろには一台のカメラが隠されていた。そのカメラは彼の顔を捉えて、インターネットにライブ配信していたのだ。

彼の名前は山田太郎。彼はあるウェブサイトに参加していた。そのサイトは「ミステリーゲーム」という名前で、参加者は自分の顔を隠した状態で、他の参加者とチャットやビデオ通話をしながら、謎を解いていくというものだった。参加者は自分の本名や住所などの個人情報を明かさず、コードネームを使っていた。山田太郎のコードネームは「ベンチマン」だった。

彼はこのゲームに夢中になっていた。彼は日常生活に退屈していたからだ。彼は会社を辞めて、家に引きこもっていた。彼には友人も恋人もいなかった。彼はこのゲームでしか楽しみを感じなかった。彼はこのゲームで知り合った人たちと仲良くなり、信頼し合っていた。彼は特に「レッドクイーン」というコードネームの女性と親しくなっていた。彼は彼女の声や笑い方が好きだった。彼は彼女に会いたいと思っていた。

しかし、彼は知らなかった。このゲームは実は罠だったということを。このゲームの運営者は参加者の個人情報を探り出し、彼らの顔をインターネットに晒していたのだ。そして、彼らに謎を出して、正解しなければ命を奪うという恐ろしいゲームを始めたのだ。彼らは「ミステリーゲーム」ではなく、「ミステリーキラー」というサイトに参加していたのだった。

山田太郎はそのことに気づいたとき、すでに遅かった。彼は自分のスマホにメッセージが届いたのを見て、驚いた。そのメッセージにはこう書かれていた。

「こんにちは、ベンチマンさん。あなたは今、私たちのゲームに参加しています。あなたの後ろにはカメラがあります。あなたの顔は今、世界中に配信されています。あなたはこのメッセージに返信することができません。あなたはこのメッセージを読んだら、すぐに立ち上がって、右に曲がってください。そこにはあなたの次の謎があります。あなたは30分以内にその謎を解かなければなりません。もし解けなかったら、あなたは死にます。あなたは逃げることも助けを呼ぶこともできません。もしやったら、あなたは死にます。あなたは私たちのゲームのルールに従わなければなりません。さあ、ゲームを始めましょう。」

彼は信じられなかった。彼はパニックになった。彼は周りを見回したが、誰も助けてくれそうな人はいなかった。彼は自分の命を守るために、仕方なくメッセージに従って、立ち上がって右に曲がった。そこには、彼がよく知っている人物の写真が貼られていた。それは「レッドクイーン」だった。彼は彼女の顔を見て、驚いた。彼は彼女の本名や住所を知らなかったが、彼女はとても美しかった。彼は彼女に惹かれていた。彼は彼女の写真の下に書かれている文字を読んだ。

「これはあなたの次の謎です。この女性の名前は何でしょうか?あなたはこの女性とチャットやビデオ通話をしていました。あなたは彼女のことをよく知っているはずです。あなたは30分以内にこの女性の名前を答えなければなりません。もし答えられなかったら、あなたは死にます。そして、この女性も死にます。あなたはこの女性を救いたいですか?それとも、この女性を見捨てますか?あなたの選択をお待ちしています。」

彼は絶望した。彼はこの女性の名前を知らなかった。彼はこの女性に会ったこともなかった。彼はこの女性の声しか聞いたことがなかった。彼はこの女性の名前をどうやって当てることができるのだろうか。彼はこの女性を救いたかった。彼はこの女性を見捨てたくなかった。彼はこの女性に会いたかった。彼はこの女性を愛していた。

彼は必死に考えた。彼はこの女性との会話を思い出した。彼はこの女性が言ったことを思い出した。彼はこの女性が好きなことや嫌いなことを思い出した。彼はこの女性が何かヒントをくれたかどうかを思い出した。彼は何か手がかりを見つけようとした。彼は時間がないことを感じた。彼は死ぬことを恐れた。彼は泣きそうになった。

彼は答えを見つけられるだろうか。彼はこの女性を救えるだろうか。彼はこのゲームを生き延びることができるだろうか。彼はこのミステリーを解くことができるだろうか。

作成されたイラストは上のものですが

元の写真は振り袖着て座ってるものです。

命令が適当だと結構変わりますね。

それも含めて遊んでるわけですが。

今日は勤労感謝の日なので、たまには休んで良い一日を♪

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました