※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

ピンクの魅力

AI作文
この記事は約1分で読めます。

かつて、遠い王国に、ピンク色の魔法が溢れる森がありました。

その森の中心には、美しいピンク色の花が咲く不思議な木が一本だけ立っていました。

その木の花は、見る者の心を癒し、幸せな気持ちにさせると言われていました。

ある日、森を訪れた若い女性が、その木の下で一休みをしていると、

突然、木から話しかけられました。

「私の花を世界に広めてくれる人を探しているの。

君はその人かしら?」女性は驚きながらも、木の願いを聞き入れることにしました。

女性は木の花を一つ摘み、旅に出ました。

彼女が訪れる町や村で、その花を見た人々は、心からの笑顔を見せ、

争いごとが少なくなるという不思議な現象が起こりました。

女性は「ピンクの魅力」と呼ばれるようになり、彼女の伝説は広く知られるようになりました。

しかし、女性は決して自分の功績を誇らず、ただひたすらに花の美しさとその魔法を信じて、

人々に幸せを分け与え続けました。

そして、彼女が旅を終えた時、森の木は最も美しい花を咲かせ、

女性を永遠の守り神として迎え入れたのでした。

実物は腕の太さが残念な感じ。

イラスト補正で細身な腕と胸に変換されてる。

都合の良い方を見れば、夢が見れると思う。

残念な方を見れば悪夢になると思う。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました