※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

ネオンと着物の少女

AI作文
この記事は約3分で読めます。

東京の街は、夜になると別の顔を見せる。

ネオンやホログラムが煌めき、人や車やドローンが行き交う。

そんな中、一人の女の子が走っていた。

彼女の名前は葵という。

彼女はミニスカートの着物風ファッションをしている。

その姿は、古き良き日本と未来の融合を象徴しているようだった。

葵は、自分の持つ特殊な能力のせいで、追われているのだ。

彼女は、コンピューターやネットワークに直接アクセスできる

サイバーリンクという能力者だった。

この能力は、極めて稀で貴重なものだが、同時に危険でもある。

なぜなら、サイバーリンクは、世界を支配する巨大企業や

政府の秘密や悪事を暴くことができるからだ。

葵は、そんな能力を持って生まれたことを後悔していた。

彼女は、普通の女の子として、普通の生活を送りたかった。

だが、彼女の能力は、彼女の運命を変えてしまった。

彼女は、ある日、偶然にも、ある企業の不正を発見してしまった。

それが、彼女の追われるきっかけとなったのだ。

葵は、その企業の手先に捕まらないように、必死に逃げていた。

彼女は、自分の能力を使って、周囲のカメラやセンサーをハッキングし、

自分の姿を隠していた。

だが、それでも、彼女の追跡者は、彼女の足跡を見つけてきた。

彼らは、高性能なサイバーウェアやバイオウェアを身につけており、

葵の能力に対抗できるのだ。

葵は、とうとう追い詰められてしまった。

彼女は、高層ビルの屋上に逃げ込んだが、そこには出口がなかった。

彼女は、背後から迫る追跡者の足音を聞きながら、絶望した。

彼女は、自分の人生を振り返った。

彼女は、自分の能力を使って、誰かのためになったことはあるのだろうか。

彼女は、自分の能力を使って、幸せになったことはあるのだろうか。

彼女は、自分の能力を持って生まれたことに、意味があったのだろうか。

彼女は、答えを見つけられず、涙を流した。

彼女は、自分の能力を呪い、運命を悔やんだ。

人生を終わらせることを決め、ビルの縁から飛び降りようとした。

そのとき、彼女の耳に、一つの声が届いた。

「待ってくれ!」

その声は、若くて優しくて力強い男の声だった。

その声は、葵の心に響いた。

その声は、葵の命を救った。

葵は、振り返った。

そこには、一人の男がいた。

彼は、黒いコートに黒いサングラスをかけている。

彼は、葵に向かって手を差し伸べている。

彼は、葵に微笑んでいる。

「大丈夫だ。俺が助けてやる。」

彼は、そう言った。彼は、葵に名前を教えた。

彼の名前はレオンという。

彼は、サイバーリンクの能力者だった。

彼は、葵と同じだった。

彼は、葵に話した。

彼は、葵と同じように、追われて、絶望して、自分の能力を呪っていたことを。

だが、彼は、ある人に出会って、変わったことを。

彼は、ある組織に加わって、戦ったことを。

彼は、ある目的のために、生きたことを。

彼は、葵に誘った。彼は、葵に一緒に来るように頼んだ。

彼は、葵に一緒に戦うように求めた。

彼は、葵に一緒に生きるように誓った。

葵は、彼の言葉に心を動かされた。

葵は、彼の目に希望を見た。

葵は、彼の手に温もりを感じた。

葵は、彼の微笑みに恋をした。

葵は、彼の手を取った。

葵は、彼について行った。

葵は、彼と一緒になった。

それが、彼らの物語の始まりだった。

また元の写真とは似ても似つかない感じになってしまった。

これはこれと思うしかない。

別バージョン。もう夜じゃないし。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

趣味・ホビーランキング

AI作文

↓Xとかインスタとか、良ければ転載してください。無許可でOKです♪

シェアする
古都礼奈をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました