※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

タイルの上のモノクローム

AI作文
この記事は約2分で読めます。

ある日、カズキは友達のユウキと一緒に新しいカフェに行った。カフェの名前は「タイルの上のモノクローム」という変わった名前だった。カフェの中は白と黒のストライプの壁紙と床に覆われていた。カフェのオーナーは、自分はモノクロームの世界に住んでいると言っていた。彼は色のあるものを見ると気分が悪くなると言っていた。

カズキとユウキはメニューを見たが、どれも白と黒の飲み物やスイーツしかなかった。コーヒー、ミルク、チョコレート、オレオ、マシュマロなどだった。カズキはコーヒーとオレオを、ユウキはミルクとマシュマロを注文した。二人はカフェのオーナーの話を聞きながら、飲み物とスイーツを楽しんだ。

カフェのオーナーは、自分はモノクロームの世界に住んでいると言っていたが、実は色盲だった。彼は生まれつき色を見分けることができなかった。彼は自分の欠点を隠すために、モノクロームの世界に住んでいるという嘘をついていた。彼は色のあるものを見ると気分が悪くなると言っていたが、実は色のあるものを見ると自分の色盲を思い出して悲しくなるだけだった。

カズキとユウキはカフェのオーナーの話を聞いていたが、彼の嘘に気づいていなかった。二人はカフェのオーナーのモノクロームの世界に感心していた。二人はカフェを出るときに、カフェのオーナーに感謝の言葉を述べた。カフェのオーナーは、二人に笑顔で返事をした。彼は自分の嘘がばれなくてほっとした。彼は自分のモノクロームの世界に満足していた。

あんまりこのイラスト関係なくないか?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました