※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

セーラー服の風

AI作文
この記事は約2分で読めます。

美咲は海辺に立っていた。顔はぼやけていたが、セーラー服ははっきりと見えた。白い縁と赤いリボンが風になびいていた。美咲は首輪をつかんでいた。まるでそれが美咲の唯一の支えだったかのように。

美咲は健太を待っていた。健太は美咲の恋人だった。健太は美咲のすべてだった。健太は美咲を幸せにしてくれた。

しかし、健太はもういなかった。健太は事故で亡くなってしまった。健太は美咲に別れを告げなかった。健太は美咲に最後のキスをしなかった。

美咲は健太を想っていた。美咲は健太の声を聞きたかった。美咲は健太の笑顔を見たかった。美咲は健太の温もりを感じたかった。

私は美咲に近づいてみた。美咲の顔を見ようとした。しかし、美咲は私に気づいて、振り返った。美咲の顔はまだぼやけていた。美咲は何も言わなかった。美咲はただ、私を見つめた。

私は美咲に話しかけようとした。美咲の名前を呼んだ。美咲のことを知りたかった。美咲の物語を聞きたかった。

しかし、美咲は私に答えなかった。美咲はただ、首を横に振った。美咲は私に近づかせなかった。美咲は私に触れさせなかった。

美咲は再び海を見た。美咲は深くため息をついた。美咲は健太の名前を呼んだ。しかし、美咲の声は風にかき消された。

私は美咲の言葉を聞き取れなかった。私は美咲の気持ちを理解できなかった。私は美咲の存在を感じられなかった。

美咲は突然、走り出した。美咲は海に向かって走った。美咲は波に飛び込んだ。美咲は水に沈んだ。

私は美咲を追いかけた。私は美咲を助けようとした。私は美咲を掴もうとした。

しかし、美咲は私の手を振り払った。美咲は私の目を見なかった。美咲は私の名前を呼ばなかった。

美咲は消えていった。美咲は海に溶けていった。美咲は風になっていった。

私は美咲を失った。私は美咲を忘れなかった。私は美咲を愛した。

私は海辺に立っていた。顔はぼやけていたが、セーラー服ははっきりと見えた。白い縁と赤いリボンが風になびいていた。私は首輪をつかんでいた。まるでそれが私の唯一の支えだったかのように。

写真撮ったのは室内ですけどね。

セーラー服着るのが楽しくて

むしろテンション高かったんですが

なんか重い話になっちゃった。

まあこのブログはジャンルバラバラなので。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました