※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

キッチンの秘密

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女はキッチンで自撮りをした。スマートフォンの画面に映るのは、自分の顔と、背後に広がる豪華なキッチンだった。彼女はその写真を送信ボタンを押す前に、もう一度確認した。何かがおかしいと感じたのだ。

彼女は写真を拡大してみた。カウンターに置かれた果物のボウルに、何かが映り込んでいた。それは小さくてぼやけていたが、彼女はそれが何であるかをすぐに理解した。それは、彼女がこのキッチンで作ったものだった。彼女がこのキッチンで作った、唯一のものだった。

彼女は慌てて写真を削除した。そして、果物のボウルを持ち上げて、中身を確認した。そこには、彼女が作ったものが入っていた。彼女はそれを取り出して、カウンターに置いた。それは、小さな爆弾だった。

彼女はこのキッチンで働くシェフではなかった。彼女はこのキッチンを爆破するために送り込まれたテロリストだった。このキッチンは、有名なレストランの一部であり、今夜は重要な人物が来店する予定だった。彼女はその人物を狙っていたのだ。

彼女は爆弾のタイマーをセットした。あと数分で、このキッチンは炎に包まれるだろう。彼女はスマートフォンを持って、キッチンから出ようとした。しかし、そのとき、ドアが開いた。そこには、彼女が知っている人物が立っていた。彼女が狙っていた人物だった。

「あなたは誰ですか?」その人物は彼女に尋ねた。

彼女は答えなかった。彼女はスマートフォンを投げつけた。そして、爆弾に走り寄った。彼女は爆弾を持って、その人物に向かって飛びかかった。彼女はその人物と一緒に死ぬつもりだった。

しかし、そのとき、爆発が起きた。爆弾はカウンターに置かれたままだった。彼女はスマートフォンを投げたときに、爆弾のタイマーを誤って早めてしまったのだ。彼女は自分の計画が失敗したことに気づいた。彼女はその人物に抱きついた。彼女はその人物を守ろうとした。

しかし、彼女は遅かった。爆発の衝撃で、彼女とその人物は吹き飛ばされた。彼女はその人物の顔を見た。彼女はその人物の名前を呼んだ。彼女はその人物に謝った。

彼女はその人物を愛していたのだ。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました