※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

ぼやけた顔の恋人

AI作文
この記事は約3分で読めます。

「あなたは誰?」
彼女は驚いた声で尋ねた。彼は彼女の前に突然現れたのだ。彼女は木の葉が色づいた街で、一人で本を読んでいた。彼は彼女の隣の椅子に座り、笑顔で話しかけた。
「僕はあなたの運命の人だよ」
彼は自信満々に言った。彼は白いセーターに黒いパンツという普通の格好をしていたが、彼女には一つ不思議なことがあった。彼の顔がはっきりと見えなかったのだ。彼の顔はぼやけていて、目や鼻や口の位置も分からなかった。まるでイラストのように、彼の顔は塗りつぶされていた。
「運命の人?どういうこと?」
彼女は疑いの目で彼を見た。彼女は恋愛に興味がなかった。彼女は本が好きで、本の中の世界に夢中になっていた。彼女は現実の人間には期待しなかった。彼女は自分の顔もあまり好きではなかった。彼女は自分の顔が平凡で、特徴がないと思っていた。
「僕はあなたと同じだよ。僕も本が好きで、本の中の世界に住んでいるんだ。だから、僕の顔がぼやけているんだ。僕は本のキャラクターなんだ」
彼は真剣な表情で言った。彼は彼女の手に持っていた本を指さした。彼女はその本を見て、驚いた。その本は彼女が大好きなファンタジー小説だった。その本の主人公は、魔法の力を持つ少年だった。その少年は、悪の魔王を倒すために、仲間と冒険に出るという物語だった。
「あなたはこの本の主人公なの?」
彼女は信じられない声で言った。彼は頷いた。
「そうだよ。僕はこの本の中から、あなたに会いに来たんだ。僕はあなたがこの本を読んでくれていることに感謝しているんだ。あなたは僕の物語に興味を持ってくれて、僕のことを応援してくれているんだ。だから、僕はあなたに恋をしたんだ」
彼は熱い視線で彼女を見つめた。彼女は彼の言葉に動揺した。彼女はこの本の主人公が好きだった。彼女は彼の冒険に感動した。彼女は彼の勇気に憧れた。でも、彼女は彼が現実に存在するとは思わなかった。彼女は彼が本の中の架空の存在だと思っていた。
「でも、あなたは本の中の人なのよ。私は現実の人間なの。私たちは違う世界の住人なの。私たちは一緒になれないのよ」
彼女は悲しそうに言った。彼は笑った。
「大丈夫だよ。僕は本の中から出てきたんだから、本の中に戻れるんだ。僕はあなたと一緒にいる時間を大切にするよ。僕はあなたに幸せを与えたいんだ。僕はあなたに本当の愛を教えてあげたいんだ」
彼は彼女の手を握った。彼女は彼の手の温もりに驚いた。彼は本の中の人なのに、彼は生きているのだ。彼は感情を持っているのだ。彼は彼女を愛しているのだ。
「あなたは私を愛しているの?」
彼女は小さな声で言った。彼は優しく微笑んだ。
「もちろんだよ。僕はあなたを愛しているよ。あなたは僕の運命の人だから」
彼は彼女にキスをした。彼女は彼の唇に触れた瞬間、何かが変わったことに気づいた。彼女は彼の顔がはっきりと見えるようになったのだ。彼の顔は美しかった。彼の目は深くて、彼の鼻は高くて、彼の口は柔らかかった。彼の顔は本の表紙に描かれていた顔とそっくりだった。
「あなたの顔が見えるようになった。どうして?」
彼女は驚いて言った。彼は幸せそうに言った。
「それは僕たちの愛の証だよ。僕たちは心が通じ合ったんだ。僕たちは本当に運命の人なんだ」
彼は彼女を抱きしめた。彼女は彼の胸に頭を埋めた。彼女は彼の鼓動を感じた。彼女は彼の匂いを嗅いだ。彼女は彼の声を聞いた。
「僕はあなたと一緒にいたいよ。僕はあなたを離したくないよ。僕はあなたとこの世界で暮らしたいよ」
彼は切なげに言った。彼女は彼の気持ちに応えた。
「私もあなたと一緒にいたい。私もあなたを離したくない。私もあなたとこの世界で暮らしたい」
彼女は涙を流しながら言った。彼は彼女の涙を拭った。
「じゃあ、一緒に行こう。僕たちはこの本を持って、この街を出よう。僕たちは新しい世界を探そう。僕たちは自分たちの物語を作ろう」
彼は元気に言った。彼は彼女の手を引いて、立ち上がった。彼は彼女に笑顔を見せた。彼は彼女に本を渡した。彼は彼女に言った。
「さあ、行こう。僕たちの冒険が始まるよ」
彼女は彼に頷いた。彼女は彼に笑顔を見せた。彼女は彼に本を受け取った。彼女は彼に言った。
「うん、行こう。僕たちの冒険が始まるよ」

2次元に行きたい人はいそうですが、

2次元側から来るとは。。。

ある意味理想なのか。。。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました