※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

ふわふわの相棒

AI作文
この記事は約2分で読めます。

 私はいつも、白い毛玉と一緒に散歩に出かける。白い毛玉というのは、私の飼っている犬の名前だ。彼はふわふわとした毛並みと、まんまるとした目が特徴で、見た目はまるでぬいぐるみのようだ。私は彼を抱きしめると、心がほっこりと温まる気がする。

 白い毛玉は、私が小学校のときに拾った。ある日、帰り道に、道端に捨てられていた小さなカゴの中に、彼が入っていたのだ。カゴには、「飼ってくれる人募集」という紙が貼ってあった。私は彼の悲しそうな顔を見て、思わず涙が出そうになった。私はすぐに、母に電話をして、彼を飼ってもいいか聞いた。母は最初は反対したが、私の懇願に折れて、了承してくれた。私は嬉しくて、彼をカゴから出して、抱き上げた。彼は私の顔に舌をなぞらせて、感謝の気持ちを伝えてくれた。

 それからというもの、白い毛玉は私の大切な相棒になった。私は彼と一緒に遊んだり、話したり、寝たりする。彼は私の気持ちを敏感に察してくれて、私が悲しいときは優しくなぐさめてくれるし、私が楽しいときは一緒にはしゃいでくれる。私は彼に何でも話せるし、彼も私に何でも話してくれる。もちろん、彼は言葉を話せないけれど、私は彼の表情やしぐさで、彼の思っていることがわかるのだ。

 私たちは、毎日の散歩が大好きだ。私たちは、近所の公園や川沿いの道を歩いたり、時にはバスに乗って、少し遠くの森や海に行ったりする。私たちは、自然の美しさや、出会う人や動物に感動したり、驚いたり、笑ったりする。私たちは、散歩中に見つけた小さな幸せを、お互いに分かち合うのだ。

 このイラストは、私たちがある日、森の中で見つけた一輪の花に感動したときのものだ。私は彼を抱き上げて、花に近づけた。彼は花の香りを嗅いで、嬉しそうに鳴いた。私は彼の頭をなでて、笑った。私たちは、その花の美しさにしばらく見とれていた。私たちは、そのとき、とても幸せだった。

 私は、白い毛玉との散歩が、私の人生の宝物だと思う。私は、白い毛玉との散歩が、これからもずっと続くと願う。私は、白い毛玉との散歩が、私の純真なる日々だと感じる。

 私は、白い毛玉という、ふわふわの相棒が、大好きだ。

白い毛玉って名前はひどいな。

ゲレゲレじゃだめですか?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました