※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

ぬいぐるみの秘密

AI作文
この記事は約3分で読めます。

ある日の午後、リナはお父さんと一緒に公園にやってきた。お父さんはリナにベンチに座って待っているように言って、近くの売店にコーヒーを買いに行った。リナはベンチに座り、お父さんからもらった大きなぬいぐるみの犬を抱きしめた。ぬいぐるみの犬はリナのお気に入りで、名前はポチと言った。リナはポチに話しかけるのが好きだった。ポチはリナのことをいつも聞いてくれて、優しくて賢いと思っていた。

「ポチ、今日は楽しいね。お父さんと一緒にお出かけできて嬉しいよ」

リナはポチに笑顔で言った。すると、ポチはぬいぐるみとは思えないほど自然な声で返事をした。

「リナ、僕も嬉しいよ。君と一緒にいると楽しいからね」

リナは驚いてポチを見た。ポチはリナにウインクをした。リナは目を疑った。ぬいぐるみが話したなんて、信じられないことだった。でも、ポチは本当に話したのだ。リナはポチに尋ねた。

「ポチ、君はぬいぐるみじゃないの?」

「そうだよ、リナ。僕はぬいぐるみじゃないよ。僕は魔法の犬なんだ」

「魔法の犬?」

「うん、魔法の犬。僕は魔法の国から来たんだ。でも、人間に見つからないようにぬいぐるみに変身しているんだよ」

「魔法の国?」

「そう、魔法の国。僕の国はとても美しくて、色とりどりの花や木があって、空には虹がかかっているんだ。でも、僕の国は危機に陥っているんだ。魔法の王が邪悪な魔法使いにさらわれてしまったんだ」

「魔法の王がさらわれた?」

「うん、魔法の王がさらわれた。魔法の王は僕の国の平和と幸せを守ってくれる優しい王様なんだ。でも、邪悪な魔法使いは魔法の王を捕まえて、魔法の王の力を奪おうとしているんだ。魔法の王の力を奪われたら、僕の国は暗闇に覆われてしまうんだ」

「それは大変だね。でも、どうしてポチはここにいるの?」

「僕は魔法の王の親友なんだ。魔法の王は僕に頼んで、助けを求めるために人間の世界に来てくれと言ったんだ。僕は魔法の王のために、人間の世界にやってきたんだ。でも、人間の世界はとても広くて、助けを求める相手を見つけるのは難しいんだ。だから、僕はぬいぐるみに変身して、人間に気づかれないようにしていたんだ。でも、君には違ったんだ。君は僕に優しくしてくれたから、僕は君に本当の姿を見せたんだ」

「ポチ、君は私に助けを求めているの?」

「そうだよ、リナ。君に助けを求めているんだ。君はとても勇敢で優しくて賢い子だと思ったんだ。君なら、魔法の王を助けてくれると信じているんだ」

「でも、私はただの子供だよ。魔法の王を助けるなんてできないよ」

「大丈夫だよ、リナ。君は一人じゃないんだ。僕が君のそばにいるんだ。僕は君に魔法を教えてあげるよ。僕と一緒に魔法の国に行こうよ。魔法の王を助けるために、冒険に出ようよ」

「冒険?」

「うん、冒険。僕と君なら、どんな困難にも立ち向かえるんだ。僕と君なら、魔法の王を救えるんだ。僕と君なら、魔法の国の平和と幸せを取り戻せるんだ。リナ、君は僕と一緒に来てくれるかな?」

リナはポチの熱いまなざしに心を動かされた。リナはポチに笑顔で答えた。

「ポチ、私は君と一緒に行くよ。私は君の友だちだから。私は魔法の王を助けたいと思っているから。私は魔法の国を見たいと思っているから。ポチ、私は君と冒険に出るよ」

「リナ、ありがとう。君は本当に素晴らしい子だよ。君は僕の最高の友だちだよ。君は魔法の国の英雄になるよ。さあ、行こう。魔法の国へと向かおう」

ポチはリナの手を引いて、ベンチから飛び降りた。ポチはリナに魔法の言葉を教えた。リナはポチと一緒に魔法の言葉を唱えた。すると、二人は空に浮かび上がった。二人は空を飛んで、魔法の国へと向かった。二人は冒険の始まりを感じた。二人は笑顔で手をつないだ。二人は幸せだった。

女の子座りは男性にはきついけど

この手の服を着ていると腰を浮かせても

結構ごまかせていい感じ。

ぬいぐるみもごまかしに一役買ってます。

私は柔軟体操頑張りましたが。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました