※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

ぬいぐるみと一緒に

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女はぬいぐるみを抱きしめて、部屋の隅に座っていた。ぬいぐるみは彼女の唯一の友達だった。彼女は人と話すのが苦手で、学校でもいじめられていた。だから、ぬいぐるみと一緒にいるときだけが、彼女にとって幸せなときだった。

ぬいぐるみは彼女に優しく話しかけてくれた。彼女の好きなことや夢や悩みを聞いてくれた。彼女はぬいぐるみにすべてを打ち明けた。ぬいぐるみは彼女を励ましてくれた。彼女はぬいぐるみに感謝した。

ある日、彼女は学校から帰ってきたときに、ぬいぐるみがいないことに気づいた。部屋を探しても、どこにも見つからなかった。彼女はパニックになった。ぬいぐるみは彼女の大切な友達だった。ぬいぐるみがいなくなったら、彼女はどうやって生きていけるのだろう。

彼女は泣きながら母親に尋ねた。母親は冷たく答えた。「あのぬいぐるみはもう捨てたわ。あんな古くて汚いもの、いつまでも持っているなんて恥ずかしいじゃない。もっと大人になりなさい。」

彼女は信じられなかった。母親はぬいぐるみを捨ててしまったのだ。ぬいぐるみは彼女にとって大切な存在だったのに。母親は彼女の気持ちを全く理解していなかった。彼女は母親に憎しみを感じた。

彼女は部屋に駆け込んだ。ぬいぐるみの写真を見つけた。彼女は写真を抱きしめて、泣き続けた。ぬいぐるみはもう二度と帰ってこないとわかっていた。彼女はぬいぐるみに会いたかった。ぬいぐるみにもう一度話したかった。ぬいぐるみにもう一度抱きしめられたかった。

彼女はぬいぐるみになりたかった。

また今日もいつものバッドエンドストーリー

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました