※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

ぬいぐるみと一緒に・続き

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女はぬいぐるみを失った後、心が寂しさに包まれました。部屋は静かで、ぬいぐるみの存在がなくなったことを痛感していました。

彼女は窓辺に立ち、外の景色を見つめました。雨が降っていて、窓ガラスには小さな雫が滴っていました。ぬいぐるみはいつも彼女を慰めてくれた存在であり、そのぬいぐるみがいなくなったことは彼女にとって大きな喪失でした。

「どうしてぬいぐるみはいなくなったの?」彼女は自問しました。

彼女はぬいぐるみの場所を探し回りましたが、どこにも見当たりませんでした。彼女は部屋を片付け、ぬいぐるみの形をした影を見つけるたびに胸が痛みました。

ある日、彼女はぬいぐるみの写真を見つけました。それは彼女がぬいぐるみを手に入れた日の写真でした。彼女はその写真を抱えて泣きました。

「ぬいぐるみさん、どこにいるの?」彼女はそっと呟きました。

そして、ある夜、彼女は夢の中でぬいぐるみに会いました。ぬいぐるみは笑顔で彼女に近づき、手を差し伸べました。

「私はいつもあなたのそばにいます。」ぬいぐるみは優しく言いました。「私はあなたの心の中にいます。」

彼女はぬいぐるみの手を取り、感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。ぬいぐるみはいなくなったけれど、その存在は彼女の心に永遠に残りました。

そして、彼女は新しい冒険を始める決意をしました。ぬいぐるみの思い出を胸に、彼女は世界を旅することを決めました。

彼女はぬいぐるみの名前を呼びながら、新たな道を歩き始めました。雨が止み、虹がかかるような美しい景色が広がっていました。

ぬいぐるみは彼女の心の中で微笑んでいるようでした。そして、彼女は幸せなハッピーエンドを迎えました。

無理やりハッピーエンドに持っていったな。

高校生なのに旅に出ちゃった?

相変わらずぶっ飛んでるな。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました