※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

顔のない少女

AI作文
この記事は約5分で読めます。

彼女は顔がなかった。それは生まれつきのものではなく、ある日突然起こったことだった。彼女は朝、いつも通りに学校に行こうとした。制服を着て、髪を整えて、鏡の前に立った。すると、鏡に映ったのは、顔のない少女だった。目も鼻も口もなく、ただ白い肌がぼやけているだけだった。彼女は悲鳴を上げたが、声は出なかった。彼女は恐怖に震えながら、自分の顔を触ってみた。しかし、感覚もなかった。彼女は自分が夢を見ているのだと思った。でも、どれだけ目をこすっても、現実は変わらなかった。

彼女はどうすればいいのかわからなかった。学校に行けば、みんなに笑われるか怖がられるかするだろう。家にいても、両親に心配されるだけだろう。彼女は一人で逃げ出したくなった。でも、どこへ行っても、自分の姿は変わらないだろう。彼女は絶望した。彼女は自分が何者なのかわからなくなった。

そんなとき、彼女はスマホに着信があることに気づいた。画面には、親友の名前が表示されていた。彼女は迷ったが、電話に出ることにした。すると、親友の声が聞こえた。

「もしもし?あなた、どうしたの?今日学校来ないの?」

親友は何も知らないようだった。彼女は涙が出そうになった。でも、声を出すことができなかった。

「あなた?聞こえてる?」

親友は不安そうに言った。

「ごめんね、私……」

彼女は言おうとしたが、言葉が出なかった。彼女はスマホを振ってみたが、効果はなかった。

「あなた?あなた?」

親友は焦って叫んだ。

「私……顔……」

彼女は必死に言おうとしたが、言葉が途切れた。すると、親友の声が変わった。

「顔?何の顔?あなたの顔?」

親友は急に冷ややかに言った。

「あなたの顔なんて見たくないわ。あなたの顔なんて存在しないのよ。あなた自身が存在しないのよ」

親友は嘲笑うように言った。

「あ……」

彼女はショックを受けた。親友は自分を裏切ったのだと思った。でも、それ以上に恐ろしかったのは、親友の言葉が真実だと感じたことだった。彼女は本当に存在しないのだろうか?

彼女はスマホを投げ捨てた。親友の声が耳に残っていた。彼女は自分が消えてしまいたくなった。でも、消えることもできなかった。彼女はただ、顔のない少女として存在しているだけだった。

彼女は部屋を出て、外に走り出した。誰にも見られたくなかった。誰にも話したくなかった。彼女は自分の世界に閉じこもりたかった。でも、外に出ると、彼女は驚いた。街中には、顔のない人々が歩いていた。男も女も子供も老人も、みんな顔がなかった。彼女は混乱した。これは何なのだろう?自分だけではなかったのだろうか?

彼女は人混みをかき分けて、学校に向かった。学校に着くと、校門には大きな看板が掲げられていた。

「本日より、全校生徒の顔は非表示となります。これは教育省の指示によるものです。顔を見せることは禁止されます。顔を見せる者は厳しく処罰されます」

彼女は信じられなかった。これは何の冗談だろう?教育省が何を言っているのだろう?顔を隠すことが何の意味があるのだろう?

彼女は教室に入った。教室には、顔のないクラスメートが座っていた。彼女は自分の席に向かったが、誰も彼女に気づかなかった。彼女は自分の机に座ったが、机には名札も教科書もノートもなかった。机にはただ、白い紙が置いてあった。紙には、大きな文字で書かれていた。

「あなたは誰ですか?」

彼女は紙を見つめた。自分は誰だろう?自分には名前も顔も思い出もなかった。自分はただ、顔のない少女として存在しているだけだった。

「あなたは誰ですか?」

紙から声が聞こえた。紙が話しかけてきたのだ。

「私……」

彼女は答えようとしたが、言葉が出なかった。

「あなたは誰ですか?」

紙が繰り返した。

「私……」

彼女はまた答えようとしたが、言葉が出なかった。

「あなただけではありませんよ」

紙が言った。

「みんな同じですよ。みんな顔がありませんよ」

紙が言った。

「どうして?」

彼女が聞いた。

「それは……」

紙が言おうとしたとき、教室のドアが開いた。

「おはようございます!今日から新しい先生です!よろしくお願いします!」

ドアから入ってきたのは、笑顔で挨拶する先生だった。

先生だけが顔を持っていた。

先生は教室に入ってきて、みんなに笑顔で挨拶した。先生は若くて美しい女性だった。先生は顔を持っていた。先生は唯一、顔を持っていた。

「さあ、今日から新しい授業を始めますよ。みなさん、楽しみですか?」

先生は元気に言った。

「はい!」

教室から返事が返ってきた。みんなが一斉に答えた。みんなが同じ声で答えた。

「よかった!では、まずは自己紹介から始めましょうか。私は松本先生と申します。この学校の新任の教師です。よろしくお願いします」

先生は自己紹介をした。

「では、次にみなさんの自己紹介を聞きましょうか。一人ずつ前に出てきてください」

先生は言った。

「はい!」

教室から返事が返ってきた。みんなが一斉に答えた。みんなが同じ声で答えた。

「では、最初にあなたからお願いします」

先生は彼女を指さした。彼女は驚いた。先生は自分に気づいているのだろうか?自分は存在しているのだろうか?

「私……」

彼女は立ち上がった。彼女は前に出ることにした。彼女は自分を見せることにした。

彼女は教室の前に立った。彼女はみんなの視線を感じた。彼女は先生の視線を感じた。

「あなたの名前は何ですか?」

先生が聞いた。

「私……」

彼女は答えようとしたが、言葉が出なかった。

「あなたの名前は何ですか?」

先生が繰り返した。

「私……」

彼女はまた答えようとしたが、言葉が出なかった。

「あなたの名前は何ですか?」

先生が強く言った。

「私……」

彼女は必死に言おうとしたが、言葉が出なかった。

「あなたの名前は何ですか?」

先生が怒鳴った。

「私……」

彼女は最後の力を振り絞って言おうとした。

「私……顔……」

彼女が言ったとき、先生の顔が変わった。

先生の顔が消えた。

先生も顔がなくなった。

「あ……」

彼女は驚いた。先生も自分と同じだったのだろうか?

「あ……」

先生も驚いた。先生も自分と同じになってしまったのだろうか?

「あ……」

教室中が驚いた。みんなも自分と同じになってしまうのだろうか?

そのとき、校内放送が流れた。

「本日より、全校教職員の顔も非表示となります。これは教育省の指示によるものです。顔を見せることは禁止されます。顔を見せる者は厳しく処罰されます」

放送が終わると、教室に静寂が訪れた。

誰も話さなかった。

誰も動かなかった。

誰も顔を見せなかった。

みんな顔がなかった。

彼女は自分の存在意義を問いた。

彼女は自分の顔を探した。

彼女は自分の名前を思い出そうとした。

でも、何も思い出せなかった。

彼女はただ、顔のない少女として存在しているだけだった。

彼女は泣きたかった。

でも、涙も出なかった。

彼女は叫びたかった。

でも、声も出なかった。

彼女は逃げ出したかった。

でも、足も動かなかった。

彼女はただ、顔のない少女として存在しているだけだった。

ホラー風のショートストーリーでした。

なかなか年齢的にきつい感じのワンピースでした。

ストーリーの元にしたのはイラストの方なんですが

顔はぼかした状態で認識するみたいですね。

一応肖像権気にしてるんでしょうか?

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました