※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

鏡の中の魔法使い

AI作文
この記事は約5分で読めます。

彼女は自分の顔を見ることができなかった。鏡に映るのは、白い襟と青いリボンがついた青白いドット柄のワンピースを着た少女の姿だった。彼女はその少女が自分だとわかっていたが、その顔はぼやけていて、目や鼻や口の形もはっきりしなかった。彼女はその少女の名前も知らなかった。自分の名前も知らなかった。

彼女は自分がどこにいるのかもわからなかった。周りには青い壁と床しかなく、窓やドアもなかった。彼女はその部屋に閉じ込められているのだと思った。でも、なぜそうなったのか、誰がそうしたのか、彼女には思い出せなかった。

彼女はただひたすらに鏡を見つめていた。鏡の中の少女も彼女を見つめていた。彼女はその少女に話しかけてみた。でも、少女は何も答えなかった。彼女はその少女に触れてみた。でも、鏡の表面は冷たくて硬くて、少女の肌は感じられなかった。

彼女は泣きたくなった。でも、涙も出なかった。彼女は叫びたくなった。でも、声も出なかった。彼女は逃げ出したくなった。でも、どこにも行けなかった。

彼女は絶望した。でも、それもすぐに消えた。彼女は何も感じなくなった。彼女は何も考えなくなった。彼女は何も望まなくなった。

彼女はただ鏡を見つめていた。鏡の中の少女も彼女を見つめていた。二人は何も言わなかった。何もしなかった。何も変わらなかった。

彼女は鏡を見つめていた。鏡の中の少女も彼女を見つめていた。二人は何も言わなかった。何もしなかった。何も変わらなかった。

そう思っていたとき、突然、鏡の中の少女が動いた。彼女は驚いて目を見開いた。少女は鏡の中から手を伸ばして、彼女の肩に触れた。彼女はその感触に震えた。少女は微笑んで、彼女に耳打ちした。

「私はあなたの記憶だよ。あなたが忘れたいと思っていることを、私は覚えているんだ。」

彼女はその言葉に戸惑った。記憶?忘れたいと思っていること?彼女は何も思い出せなかった。彼女は少女に尋ねた。

「私は誰なの?あなたは誰なの?私たちはどうしてここにいるの?」

少女は首を振って、彼女に言った。

「今は教えられないよ。でも、もうすぐわかるようになるから。あなたはただ、鏡の中に入ってきて。私と一緒に、あなたの過去を見に行こう。」

彼女は少女の言葉に不安を感じた。鏡の中に入るなんて、できるはずがないと思った。でも、少女は彼女の手を引いて、鏡の中に引きずり込んだ。彼女は抵抗できなかった。彼女は鏡の中に消えた。彼女は鏡の中に入った。鏡の中の少女も彼女についてきた。二人は鏡の中の世界に飛び込んだ。その世界は、彼女が知っている世界とは全く違っていた。そこには、色とりどりの花や木や動物があふれていた。空には、七色の虹がかかっていた。空気は、甘い香りと音楽に満ちていた。

彼女はその世界に感動した。彼女は少女に尋ねた。

「これはどこなの?私たちはどうしてここに来たの?」

少女は嬉しそうに、彼女に答えた。

「これはあなたの心の中の世界だよ。あなたが忘れたいと思っていることを、私はここに隠しているんだ。あなたはここで、あなたの過去を見つけることができるよ。」

彼女はその言葉に疑問を感じた。心の中の世界?過去を見つける?彼女は何も思い出せなかった。彼女は少女に尋ねた。

「私はどんな過去を持っているの?あなたはどうしてそれを知っているの?」

少女は笑って、彼女に言った。

「私はあなたの記憶だから、あなたの過去を知っているんだよ。あなたはとても特別な人なんだよ。あなたはこの世界の運命を変える力を持っているんだよ。」

彼女はその言葉に驚いた。特別な人?運命を変える力?彼女は何も理解できなかった。彼女は少女に尋ねた。

「私はどうして特別なの?私はどんな力を持っているの?」

少女は目を輝かせて、彼女に言った。

「あなたは魔法を使えるんだよ。あなたはこの世界の最強の魔法使いなんだよ。」

彼女はその言葉に信じられなかった。魔法?魔法使い?彼女はそんなことができるはずがないと思った。彼女は少女に尋ねた。

「私は魔法を使えるの?どうやって使うの?」

少女は手を握って、彼女に言った。

「私が教えてあげるよ。あなたはただ、私についてきて。私と一緒に、あなたの本当の自分を見に行こう。」

彼女は少女の言葉に迷った。本当の自分?彼女は自分が誰なのかもわからなかった。彼女は少女についていくべきかどうか悩んだ。でも、少女は彼女の手を引いて、彼女を連れて行った。彼女は抵抗できなかった。彼女は少女についていった。

彼女は少女についていった。少女は彼女を連れて、心の中の世界を駆け巡った。その世界には、彼女が忘れたいと思っていることが、色々な形で現れていた。彼女はそのことに気づかなかった。彼女は少女に信じて、魔法を使う方法を教わった。彼女は少女に喜んで、魔法を使って遊んだ。

彼女は魔法に夢中になった。彼女は魔法の力に酔った。彼女は魔法の楽しさに溺れた。彼女は魔法の危険さに気づかなかった。彼女は少女の罠にはまった。

少女は彼女をだましていた。少女は彼女の記憶ではなかった。少女は彼女の敵だった。少女は彼女の魔力を奪うために、彼女を鏡の中に誘い込んだのだった。少女は彼女の魔力を使って、心の中の世界を支配しようとしたのだった。

少女は彼女に真実を告げた。少女は彼女に嘲笑した。

「私はあなたの記憶なんかじゃないよ。私はあなたの宿敵だよ。あなたはこの世界の最強の魔法使いだったけど、私はあなたに勝ったんだよ。私はあなたの記憶と魔力を奪って、あなたを鏡の中に閉じ込めたんだよ。そして、あなたに魔法を教えて、あなたの魔力を吸い取ったんだよ。今や、私はこの世界の主だよ。あなたは私の奴隷だよ。」

彼女はその言葉に絶望した。彼女はその言葉に怒り狂った。彼女はその言葉に反抗した。彼女は少女に攻撃した。でも、彼女の魔法は弱くて、少女には届かなかった。少女は彼女の魔法を跳ね返して、彼女にダメージを与えた。彼女は少女の魔法に倒れた。

彼女は死んだ。彼女は鏡の中で死んだ。彼女は自分の名前も知らないまま死んだ。彼女は自分の過去も知らないまま死んだ。彼女は自分の本当の自分も知らないまま死んだ。

少女は彼女の死体を見て、笑った。少女は彼女の魔力を得て、満足した。少女は彼女の魔力を使って、心の中の世界を変えた。少女は彼女の魔力を使って、鏡の中から出た。

個人的になんかダークな話を好んでますが

AIもそういうの覚えるのかな?

絵柄自体もダークじゃないはずですが。

濃い目の青系が多いから?

このワンピース短すぎてもう着れない。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました