※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

輪廻

AI作文
この記事は約5分で読めます。

彼女は目を覚ました。太陽の光が窓から差し込んで、部屋を明るく照らしていた。彼女はベッドから起き上がり、スマホを手に取った。画面には、昨日の夜に送ったメッセージが表示されていた。

「今日は一緒にショッピングに行こうよ。待ち合わせは12時に駅前のカフェで。返事待ってるね。」

彼女はメッセージに返信した。彼女の名前はという。彼女は大学生で、今日は友達とショッピングに行く予定だった。彼女は楽しみにしていた。彼女は友達と仲が良く、よく一緒に遊んだり、話したりした。彼女は幸せだった。

彼女はスマホを置いて、身支度を始めた。彼女は黒いセーターと白いスカート、黒いニーソを着て、髪をほどいた。彼女は鏡の前に立って、自分の姿を見た。彼女はかわいいと思った。彼女は笑った。

彼女は鞄を持って、部屋を出た。彼女はアパートの階段を降りて、玄関に向かった。彼女はドアを開けて、外に出た。彼女は空を見上げた。空は青く、雲は白かった。彼女は気持ちが良かった。彼女は歩き始めた。

彼女は街を歩いた。彼女は人々や車や建物や木や花を見た。彼女は色々なものに興味を持った。彼女は好奇心旺盛だった。彼女は歩きながら、スマホで写真を撮ったり、音楽を聴いたりした。彼女は楽しかった。

彼女は駅に着いた。彼女は改札を通って、ホームに向かった。彼女は電車を待った。彼女はスマホを見た。友達からの返事が来ていた。友達は「もうすぐ着くよ。楽しみにしててね」と言っていた。彼女は友達に返事をした。彼女は友達と会えるのを待ち遠しく思った。彼女は嬉しかった。

彼女は電車が来るのを見た。彼女はホームの端に立っていた。彼女は電車に乗ろうとした。そのとき、彼女は後ろから押された。彼女はバランスを失って、線路に落ちた。彼女は叫んだ。

彼女は電車に轢かれた。彼女は死んだ。彼女は血まみれになった。彼女は痛かった。

彼女は目を覚ました。太陽の光が窓から差し込んで、部屋を明るく照らしていた。彼女はベッドから起き上がり、スマホを手に取った。画面には、昨日の夜に送ったメッセージが表示されていた。

「今日は一緒にショッピングに行こうよ。待ち合わせは12時に駅前のカフェで。返事待ってるね。」

彼女はメッセージに返信した。彼女の名前は葵という。彼女は大学生で、今日は友達とショッピングに行く予定だった。彼女は楽しみにしていた。彼女は友達と仲が良く、よく一緒に遊んだり、話したりした。彼女は幸せだった。

彼女はスマホを置いて、身支度を始めた。彼女は黒いセーターと白いスカート、黒いニーソを着て、髪をほどいた。彼女は鏡の前に立って、自分の姿を見た。彼女はかわいいと思った。彼女は笑った。

彼女は鞄を持って、部屋を出た。彼女はアパートの階段を降りて、玄関に向かった。彼女はドアを開けて、外に出た。彼女は空を見上げた。空は青く、雲は白かった。彼女は気持ちが良かった。彼女は歩き始めた。

彼女は街を歩いた。彼女は人々や車や建物や木や花を見た。彼女は色々なものに興味を持った。彼女は好奇心旺盛だった。彼女は歩きながら、スマホで写真を撮ったり、音楽を聴いたりした。彼女は楽しかった。

彼女は駅に着いた。彼女は改札を通って、ホームに向かった。彼女は電車を待った。彼女はスマホを見た。友達からの返事が来ていた。友達は「もうすぐ着くよ。楽しみにしててね」と言っていた。彼女は友達に返事をした。彼女は友達と会えるのを待ち遠しく思った。彼女は嬉しかった。

彼女は電車が来るのを見た。彼女はホームの端に立っていた。彼女は電車に乗ろうとした。そのとき、彼女は後ろから押された。彼女はバランスを失って、線路に落ちた。彼女は叫んだ。

彼女は電車に轢かれた。彼女は死んだ。彼女は血まみれになった。彼女は痛かった。

彼女は目を覚ました。太陽の光が窓から差し込んで、部屋を明るく照らしていた。彼女はベッドから起き上がり、スマホを手に取った。画面には、昨日の夜に送ったメッセージが表示されていた。

「今日は一緒にショッピングに行こうよ。待ち合わせは12時に駅前のカフェで。返事待ってるね。」

彼女はメッセージに返信した。彼女の名前は葵という。彼女は大学生で、今日は友達とショッピングに行く予定だった。彼女は楽しみにしていた。彼女は友達と仲が良く、よく一緒に遊んだり、話したりした。彼女は幸せだった。

彼女はスマホを置いて、身支度を始めた。彼女は黒いセーターと白いスカート、黒いニーソを着て、髪をほどいた。彼女は鏡の前に立って、自分の姿を見た。彼女はかわいいと思った。彼女は笑った。

彼女は鞄を持って、部屋を出た。彼女はアパートの階段を降りて、玄関に向かった。彼女はドアを開けて、外に出た。彼女は空を見上げた。空は青く、雲は白かった。彼女は気持ちが良かった。彼女は歩き始めた。

彼女は街を歩いた。彼女は人々や車や建物や木や花を見た。彼女は色々なものに興味を持った。彼女は好奇心旺盛だった。彼女は歩きながら、スマホで写真を撮ったり、音楽を聴いたりした。彼女は楽しかった。

彼女は駅に着いた。彼女は改札を通って、ホームに向かった。彼女は電車を待った。彼女はスマホを見た。友達からの返事が来ていた。友達は「もうすぐ着くよ。楽しみにしててね」と言っていた。彼女は友達に返事をした。彼女は友達と会えるのを待ち遠しく思った。彼女は嬉しかった。

彼女は電車が来るのを見た。彼女はホームの端に立っていた。彼女は電車に乗ろうとした。そのとき、彼女は後ろから押された。彼女はバランスを失って、線路に落ちた。彼女は叫んだ。

彼女は電車に轢かれた。彼女は死んだ。彼女は血まみれになった。彼女は痛かった。

彼女は目を覚ました。太陽の光が窓から差し込んで、部屋を明るく照らしていた。彼女はベッドから起き上がり、スマホを手に取った。画面には、昨日の夜に送ったメッセージが表示されていた。

このとき私は何を思っていたのか。。。

詳しくは覚えていない。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました