※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

水と空の恋人たち

AI作文
この記事は約3分で読めます。

彼女は水の精だった。猫の耳と尾を持つ、白いセーターとショートパンツを着た、可愛らしい少女の姿で。彼女は水の中に住んでいたが、水面に出るのが好きだった。水面には、彼女が見たこともないような色と光があふれていた。彼女は水面に手を伸ばして、その色と光に触れようとした。すると、水面が揺れて、彼女の手に何かが触れた。彼女は驚いて手を引っ込めた。それは、水の中にはいない、不思議な生き物だった。人間という名の生き物だった。

人間は、彼女とは違う姿をしていた。髪の毛は黒くて、目は茶色だった。服は青や赤や緑など、水面の色とは違っていた。人間は、彼女に笑って手を差し出した。彼女は、人間が何を言っているのかわからなかったが、その笑顔に惹かれた。彼女は、再び水面に手を伸ばして、人間の手に触れた。すると、人間は嬉しそうに彼女の手を引っ張った。彼女は、水面を越えて、人間の世界に連れて行かれた。

人間の世界は、彼女が想像していた以上に美しくて不思議だった。空は青くて、白い雲が浮かんでいた。太陽は眩しくて、彼女の肌に暖かさを与えた。木々は緑で、花は色とりどりだった。鳥や虫や動物が、さまざまな音を鳴らしていた。人間は、彼女に色々なものを見せてくれた。彼女は、人間の言葉を覚えて、人間と話すようになった。人間は、彼女に自分の名前を教えた。彼の名前は、ユウキという名前だった。彼女は、自分の名前を教えた。彼女の名前は、ミズキという名前だった。

ユウキとミズキは、すぐに仲良くなった。ユウキは、ミズキに人間の世界のことを教えてくれた。ミズキは、ユウキに水の精のことを教えてくれた。二人は、一緒に遊んだり、笑ったり、話したりした。ミズキは、人間の世界に魅了された。ユウキは、ミズキに惹かれた。二人は、次第に恋に落ちた。

しかし、二人の幸せな時間は長くは続かなかった。ある日、ユウキの家に、ユウキの父親が帰ってきた。ユウキの父親は、ユウキがミズキと一緒にいるのを見て、怒った。ユウキの父親は、ミズキが水の精だと知っていた。ユウキの父親は、水の精を憎んでいた。水の精は、人間の世界に災いをもたらすと信じていた。ユウキの父親は、ミズキを追い出そうとした。ユウキは、ミズキを守ろうとした。二人は、ユウキの父親と争った。そのとき、ミズキの体に変化が起こった。彼女の肌は青くなり、鱗が生えた。彼女の手足はひれになり、口は牙で満たされた。彼女は、水の精の本来の姿になった。彼女は、ユウキの父親に噛みついた。ユウキの父親は、血を流して倒れた。ユウキは、ミズキの姿に驚いた。ミズキは、ユウキの顔に涙を流した。

ミズキは、ユウキに別れを告げた。彼女は、人間の世界にはいられないと言った。彼女は、水の中に帰らなければならないと言った。彼女は、ユウキに感謝した。彼女は、ユウキに愛していると言った。ユウキは、ミズキに止まってほしいと言った。ユウキは、ミズキに一緒にいたいと言った。ユウキは、ミズキに愛していると言った。しかし、ミズキは、ユウキの言葉に耳を貸さなかった。彼女は、ユウキに最後のキスをした。彼女は、ユウキの手を離した。彼女は、水面に向かって走った。彼女は、水の中に飛び込んだ。彼女は、水の中に消えた。ユウキは、ミズキの姿を見失った。ユウキは、ミズキの名前を叫んだ。ユウキは、ミズキを追いかけた。ユウキは、水の中に飛び込んだ。ユウキは、水の中に沈んだ。

水色ベースの服を着てたら

水に変換されてますね。

実際にはできない感じだけど

幻想的で結構好き。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました