※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

料理教室の恋③ 完結

AI作文
この記事は約2分で読めます。

私たちは料理教室に行った。ボートに乗って、夜景を見ながら、料理を作った。料理教室の先生は、健太郎さんの友達の小林美香さんだった。彼女はとても優しくて、楽しくて、美人で、料理のプロだった。彼女は私たちに料理のコツを教えてくれた。

「美咲さん、料理は愛情が大事なんですよ。料理を作るときは、食べる人のことを思いながら、心を込めて作ってください。そうすれば、料理も美味しくなりますよ。」

彼女はそう言って、私に笑顔を見せた。私は彼女の言葉に感銘を受けた。私は料理を作るときは、健太郎さんのことを思いながら、心を込めて作ろうと思った。

私たちはカルボナーラとサラダとスープを作った。私はカルボナーラを担当した。私は卵とチーズとベーコンとパスタを混ぜて、火にかけた。私は健太郎さんのことを思いながら、一生懸命にかき混ぜた。私は健太郎さんに美味しいカルボナーラを食べてもらいたかった。

「美咲、上手にできてるよ。」

健太郎さんは私の横に来て、私に声をかけた。私は健太郎さんに笑顔を見せた。

「ありがとう。健太郎さん、これ、あなたのために作ったんですよ。」

私はそう言って、健太郎さんにカルボナーラを見せた。健太郎さんは私のカルボナーラに感動した。

「美咲、ありがとう。これ、すごく美味しそうだよ。」

健太郎さんはそう言って、私にキスした。私は健太郎さんのキスに幸せを感じた。

私たちは料理を完成させて、ボートの中で食べた。私たちは夜景を見ながら、料理を楽しんだ。私たちはお互いに料理を食べさせあった。私たちは幸せだった。

「美咲、カルボナーラ、すごく美味しいよ。」

健太郎さんは私のカルボナーラを食べて、私に褒めてくれた。私は健太郎さんに感謝した。

「本当ですか?良かった。健太郎さん、私、料理が好きになりました。」

私はそう言って、健太郎さんに笑顔を見せた。健太郎さんは私の笑顔に惚れ直した。

「美咲、それは嬉しいよ。でも、もっと嬉しいことがあるんだ。」

健太郎さんはそう言って、私に真剣な顔を見せた。私は健太郎さんの顔に緊張した。健太郎さんは私に告白した。

「美咲、俺は美咲と結婚したい。美咲、俺と結婚してくれないか。」

健太郎さんはそう言って、私に指輪を見せた。私は健太郎さんの指輪に驚いた。健太郎さんは私にプロポーズしたのだ。私は健太郎さんに応えた。

「はい、結婚してあげます。」

私はそう言って、健太郎さんの指輪を受け取った。健太郎さんは私の指輪に喜んだ。健太郎さんは私にキスした。

私たちはボートでキスを交わした。私たちは料理教室の恋を終えた。

無事完結。

読んでくれた方、ありがとうございました♪

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました