※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

料理教室の恋②

AI作文
この記事は約3分で読めます。

私たちはカフェでキスを交わした後、手をつないで歩いた。私たちは初めてのデートを楽しんだ。私たちは映画を見たり、ショッピングをしたり、公園でピクニックをしたりした。私たちは幸せだった。

でも、私たちには問題があった。それは、私の料理の腕だった。私は料理が苦手だったが、彼は料理が大好きだった。彼はよく自分でご飯を作っていたし、レストランにも詳しかった。彼は私にも料理を教えてくれたが、私はなかなか上達しなかった。

「美咲、これは何?」

彼は私が作ったカレーを見て、首をかしげた。私は彼に説明した。

「カレーですよ。カレー粉と水と肉と野菜を煮込んだだけです。」

私はそう言って、彼に笑顔を見せた。彼は私の笑顔にやられた。

「そうか。じゃあ、食べてみよう。」

彼はそう言って、カレーを口にした。すると、彼は顔をしかめた。彼は私に言った。

「美咲、これはカレーじゃないよ。これは、辛い水だよ。」

彼はそう言って、水を飲んだ。私は彼の反応に落ち込んだ。私は彼に謝った。

「ごめんなさい。私、料理が下手で……」

私はそう言って、涙ぐんだ。彼は私の涙に心配した。

「いや、美咲、泣かないで。俺は美咲の料理が嫌いじゃないよ。俺は美咲が好きだよ。」

彼はそう言って、私を抱きしめた。私は彼の胸に安心した。

「本当ですか?私の料理がまずくても、私のことを好きでいてくれますか?」

私はそう聞いた。彼は私に答えた。

「もちろんだよ。美咲の料理はまずいかもしれないけど、美咲の笑顔は最高だよ。俺は美咲の笑顔が見たいんだ。だから、美咲はもっと自信を持っていいよ。」

彼はそう言って、私にキスした。私は彼のキスに感動した。彼は私のことを愛してくれているのだ。私は彼に感謝した。

「ありがとう。健太郎さん、あなたは優しい人です。私もあなたのことが大好きです。」

私はそう言って、彼に抱きついた。彼は私の抱擁に喜んだ。彼は私に提案した。

「じゃあ、美咲、一緒に料理教室に行かないか。俺が知ってるところに、いい先生がいるんだ。彼女は料理の基本から教えてくれるし、楽しく学べるよ。美咲も料理が好きになるかもしれないよ。」

彼はそう言って、私に写真を見せた。写真には、ボートに乗って夜景を見る二人の姿があった。彼は私に説明した。

「これは、料理教室の先生と俺が撮った写真だ。先生は俺の友達で、料理のプロだ。彼女は料理教室をボートの上でやってるんだ。夜になると、ボートから見える夜景がすごく綺麗なんだ。美咲も一緒に見たいだろう。」

彼はそう言って、私に笑顔を見せた。私は彼の写真に興味を持った。私は彼に賛成した。

「いいですね。料理教室に行きたいです。健太郎さんと一緒に料理を作って、夜景を見たいです。」

私はそう言って、彼に微笑んだ。彼は私の言葉に嬉しそうにした。彼は私に約束した。

「じゃあ、明日の夜に行こう。俺が予約しておくよ。美咲、楽しみにしててね。」

彼はそう言って、私にキスした。私は彼のキスに期待した。私たちは料理教室の恋を続けた。

次で完結させたいです。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました