※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

料理教室の恋①

AI作文
この記事は約3分で読めます。

私は料理が苦手だ。それは小さい頃からのコンプレックスで、母にも友達にも笑われたことがある。だから、大学を卒業して一人暮らしを始めたとき、自分でご飯を作るのが嫌だった。レトルトや冷凍食品、コンビニ弁当で済ませる日々だった。

でも、それじゃいけないと思ったのは、彼に出会ったからだ。

彼の名前は山田健太郎。私と同じ会社の営業部に勤める先輩だ。私は入社してすぐに彼に一目惚れした。彼は背が高くてスタイルがいいし、仕事もできるし、笑顔が素敵だった。でも、彼には彼女がいた。それも、とても美人で料理上手な彼女だった。

私は彼に近づくこともできなかった。ただ、遠くから見ているだけだった。でも、ある日、運命のチャンスが訪れた。

それは、会社の健康診断の日だった。私は健康診断の後、会社の近くのカフェで一息ついていた。すると、偶然にも彼が入ってきた。私は慌ててメニューに顔を隠した。彼は私に気づかなかった。彼はカウンターに座って、コーヒーを注文した。

私は彼の横顔を見ながら、ドキドキした。彼は何を考えているのだろうか。彼女とのことかな。彼女は今日はどんなご飯を作ってくれるのだろうか。私なんかとは比べ物にならないだろうな。

そんなことを考えていると、彼のスマホが鳴った。彼はスマホを取り出して、画面を見た。すると、彼の顔が曇った。彼はスマホを耳に当てて、話し始めた。

「もしもし、健太郎だけど……え、別れたいって?」

私は思わず耳をそばだてた。彼は彼女と電話しているのだ。彼女が別れたいと言っているのだ。

「どうして?俺は何かしたのか?」

彼は必死に聞き返した。彼の声には驚きと悲しみが混じっていた。

「……わかった。じゃあ、もう連絡しないでくれ。」

彼はそう言って、電話を切った。彼はスマホをテーブルに置いて、深くため息をついた。彼の目には涙が浮かんでいた。

私は彼の姿を見て、胸が痛んだ。彼は別れたばかりなのだ。私が声をかけるのは無理があるかな。でも、何もしないでいるのも嫌だった。私は勇気を出して、彼に話しかけた。

「す、すみません。山田さんですよね。私、同じ会社の佐藤美咲と言います。」

彼は私の声に驚いて、顔を上げた。彼は私を見て、困ったように笑った。

「あ、佐藤さん。こんにちは。ごめんなさい、ちょっと用事があって……」

彼はそう言って、スマホをポケットにしまった。私は彼の様子を見て、心配した。

「大丈夫ですか?何かあったんですか?」

私はそう聞いた。彼は私の目を見て、苦笑した。

「いや、別に……実は、今、彼女と別れたんだ。」

彼はそう言って、コーヒーを飲んだ。私は彼の言葉に驚いた。彼は彼女と別れたのだ。私は彼に同情した。

「え、そうなんですか。それは、辛いですね。」

私はそう言って、彼に声をかけた。彼は私に感謝した。

「ありがとう。でも、仕方ないよ。彼女は俺のことを愛してなかったんだから。」

彼はそう言って、悲しそうに笑った。私は彼の笑顔に惹かれた。彼は別れたばかりなのに、強がっているのだ。私は彼に励ました。

「でも、山田さんは素敵な人ですよ。きっと、もっといい人が見つかりますよ。」

私はそう言って、彼に微笑んだ。彼は私の言葉に驚いた。彼は私をじっと見た。彼の目には熱が宿っていた。

「佐藤さん、ありがとう。でも、もっといい人って、誰だろう。」

彼はそう言って、私に近づいた。私は彼の顔にドキドキした。彼は私に惹かれているのだろうか。私は彼に答えた。

「それは、山田さんが決めることですよ。」

私はそう言って、彼に見つめ返した。彼は私の目にときめいた。彼は私に告白した。

「じゃあ、俺は佐藤さんがいい。佐藤さん、俺と付き合ってくれないか。」

彼はそう言って、私に手を差し出した。私は彼の手に感動した。彼は私にプロポーズしたのだ。私は彼に応えた。

「はい、付き合ってあげます。」

私はそう言って、彼の手を握った。彼は私の手に喜んだ。彼は私にキスした。

私たちはカフェでキスを交わした。私たちは料理教室の恋を始めた。

まだ話は続きます。

あまり期待せずにお待ち下さい。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました