※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

心で話す少女と猫耳メイド

AI作文
この記事は約4分で読めます。

「ねえ、あの子、見て。なんであんな格好してるの?」
「どこどこ?あ、あそこか。うわ、なにあれ。猫耳としっぽ付きのメイド服だよ。変な趣味だね」
「ほんとだ。しかも、指さしてるけど、何を指してるのかな。誰かに話しかけてるのかな」
「いや、誰もいないよ。あの子、一人ぼっちだよ。可哀想に」
「ねえ、声かけてあげようよ。あの子、友達いなさそうだし」
「え、やだよ。あんな変な子と話したくないよ。恥ずかしいよ」
「でも、あの子、寂しそうだよ。私たち、優しい人だからさ」
「うーん、まあ、いいけど。でも、あんな格好してる理由は聞かないでね。怖いよ」
「わかったわかった。じゃあ、行ってみようか」

二人の女の子は、手をつないで、猫耳としっぽ付きのメイド服を着た少女に近づいた。少女は、彼女たちに気づかずに、右手で空を指さしていた。彼女の顔は、ぼやけていて、表情が読み取れなかった。

「あの、こんにちは。私たちは、あなたの隣のクラスの子なんだけど」
「あ、はい。こんにちは」
少女は、声をかけられて、びっくりした。彼女は、二人の女の子を見て、微笑んだ。彼女の笑顔は、不自然で、冷たかった。
「あの、あなた、何をしてるの?」
「私は、あの星を見てるの」
少女は、右手で空を指さした。彼女の指先には、小さな星が輝いていた。それは、彼女だけが見える星だった。
「星?どこに?」
「あそこよ。あの青い星。あなたたちには見えないの?」
「見えないよ。空には何もないよ」
「そう。私だけが見えるの。私だけが知ってるの。私だけが話せるの」
少女は、星に向かって、ささやいた。彼女の声は、優しく、愛おしかった。
「話せるの?星と?」
「うん。星は、私の友達なの。星は、私に色々なことを教えてくれるの。星は、私に優しいの」
少女は、星に感謝の気持ちを伝えた。彼女の目は、潤んでいた。
「友達?星が?」
「そう。私には、星しか友達がいないの。私には、星しか必要ないの」
少女は、星に固執した。彼女の心は、閉ざされていた。
「でも、あなた、人間じゃないの?人間と友達になりたくないの?」
「私は、人間じゃないの。私は、星の子なの。人間と友達になんてなれないの。人間は、私を嫌うの。人間は、私を傷つけるの」
少女は、人間に恐怖の気持ちを抱いた。彼女の声は、震えていた。
「嫌う?傷つける?誰が?」
「みんな。みんなが。みんなが私を嫌って、いじめて、殴って、蹴って、罵って、笑って、泣かせたの。だから、私は、人間が嫌いなの。だから、私は、人間から逃げたの」
少女は、人間に憎しみの気持ちを吐き出した。彼女の涙は、流れていた。
「そんなことがあったの?それは、ひどいね。でも、私たちは、あなたを嫌わないよ。私たちは、あなたをいじめないよ。私たちは、あなたを傷つけないよ。私たちは、あなたを笑わないよ。私たちは、あなたを泣かせないよ。私たちは、あなたの友達になりたいよ」
二人の女の子は、少女に優しい言葉をかけた。彼らは、少女に友好の気持ちを示した。彼らは、少女に手を差し伸べた。
「友達?私の友達に?」
「うん。私たち、あなたのことを気になってたんだ。あなた、いつも一人で、変な格好してるし、変なことしてるし。でも、あなた、きっといい子なんだろうなって思ってたんだ。だから、声かけてみたんだ。だから、友達になってほしいんだ」
「本当?本当に私のことを気にしてくれたの?本当に私のことをいい子だと思ってくれたの?本当に私と友達になってくれるの?」
「本当。本当に気にしてたよ。本当にいい子だと思ってたよ。本当に友達になってあげるよ」
「ありがとう。ありがとう。ありがとう」
少女は、二人の女の子に感謝の気持ちを伝えた。彼女は、二人の女の子に笑顔を見せた。彼女の笑顔は、本物で、温かかった。
「じゃあ、あなたの名前は何ていうの?」
「私は、ミルキーというの。星からもらった名前なの」
「ミルキー?かわいい名前ね。私は、リカ。あの子は、ユキ。よろしくね」
「リカさん、ユキさん。よろしくね」
ミルキーは、リカとユキに名前を教えた。彼女は、リカとユキに握手をした。彼女は、リカとユキに友情を感じた。
「ねえ、ミルキー。あなた、あの星と話せるって言ったけど、どうやって話すの?」
「私は、心で話すの。星は、私の心に答えてくれるの」
「心で?それって、テレパシーみたいなもの?」
「そうかも。私は、テレパシーができるのかもしれないね」
「すごいね。私たちにもできるかな?」
「できるかも。私たち、友達だから。友達なら、心で通じ合えるはずだから

アップで撮るとまた変わる。

バリエーションは無限ですね。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました