※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

川辺の赤い夢

AI作文
この記事は約2分で読めます。

彼女は橋の上で立ち止まった。川の流れを見つめながら、彼のことを思い出した。彼と出会ったのは、まさにこの場所だった。偶然にも同じ電車に乗っていた二人は、降りる駅で目が合った。彼は笑顔で声をかけてきた。彼女は戸惑いながらも、彼の優しさに惹かれた。

それから何度もデートを重ねた。彼はいつも彼女を楽しませてくれた。映画やカフェ、公園や美術館、どこへ行っても彼女は幸せだった。彼は彼女の顔を見ると、目を細めて微笑んだ。彼女は彼の笑顔が大好きだった。

ある日、彼は彼女にプレゼントを渡した。それは白いブラウスと赤いスカートだった。彼は「これを着て、今日の夕方にこの橋に来て」と言った。彼女は何か特別なことがあるのだと感じた。彼女はプレゼントに感謝して、約束をした。

彼女は期待と不安で胸が高鳴った。彼は何を言ってくれるのだろうか。彼女は早めに家を出て、電車に乗った。途中で雨が降り始めた。彼女は傘を持っていなかった。雨が強くなってきた。彼女は慌てて駅に駆け込んだ。

駅から橋までは歩いて数分だった。しかし、雨は止まなかった。彼女はどうしようかと迷った。電話をかけようかと思ったが、彼からの連絡がなかったことに不安を感じた。もしかしたら、彼はすでに橋に来ているのかもしれない。彼女は決心した。雨に濡れてもいいから、会いに行こうと思った。

彼女は走り出した。雨粒が顔に当たって痛かった。風も強く吹いていた。彼女の髪や服がびしょ濡れになった。でも、彼女は気にしなかった。ただ一心に、彼に会いたかった。

やっと橋に着いた。彼女は周りを見回した。しかし、誰もいなかった。橋の上には、ただ一人の女性が立っているだけだった。

イラストはこんな感じ

ワンピースがブラウスとスカートに

背景まで描いてくれて便利。

なかなか腕が太くて残念だったけど

イラストにしたらごまかせるね。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました