※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

ドラゴンとの出会い

AI作文
この記事は約5分で読めます。

「ああ、もうダメだ。今日は絶対に遅刻しちゃう!」
そう叫びながら、走り出したのは、高校二年生の小林美咲(こばやし みさき)だった。彼女は今朝、目覚まし時計をセットし忘れてしまい、寝坊してしまったのだ。慌てて支度を済ませて、大きな緑色のバッグを持って家を飛び出したが、時計を見ると、もう始業時間まであと10分しかなかった。

「あのね、美咲ちゃん、もう少し早く起きなさいよ。毎日こんなに慌ててどうするの?」
そう言って、美咲の隣を走っていたのは、彼女の幼なじみで、同じクラスの山田健太(やまだ けんた)だった。彼は美咲とは対照的に、いつも時間に正確で、落ち着いた性格だった。美咲は彼のことが好きだったが、なかなか告白できなかった。健太は美咲のことをただの友達としか思っていなかったのだ。

「だって、昨日は夜遅くまで宿題やってたんだもん。あの先生、なんであんなに課題多いのよ。もう、ムカつくわ」
美咲は不満そうに言った。彼女は勉強が苦手で、いつも宿題に追われていた。健太は勉強が得意で、いつも美咲を助けてくれたが、それでも美咲はなかなか成績が上がらなかった。

「まあ、仕方ないよ。でも、もっと計画的にやらないと、いつまでたってもダメだよ。ほら、学校が見えてきた。もう少し頑張ろう」
健太は美咲を励ました。彼は美咲のことを心配していたが、それ以上に、彼にはもう一つの悩みがあった。それは、彼が持っている秘密の力だった。健太は、自分の思い通りに物事を変えることができるという、不思議な力を持っていたのだ。彼はこの力を使って、美咲を助けたり、悪い人をやっつけたりしたことがあったが、誰にも言えなかった。この力は、彼にとっても、美咲にとっても、危険なものだったのだ。

「よし、着いたぞ。美咲、早く教室に行こう」
健太は美咲を引っ張って、校門をくぐった。しかし、そのとき、突然、空から大きな物体が落ちてきた。それは、なんと、巨大なドラゴンだった。ドラゴンは、炎を吐きながら、学校に向かって飛んできた。生徒たちは悲鳴を上げて、逃げまどった。

「な、なんだあれは!?ドラゴンなんて、本当にいるの!?」
美咲は驚きと恐怖で、目を見開いた。健太も同じく、信じられないという表情をした。しかし、彼はすぐに気づいた。これは、彼の力のせいだったのだ。彼は、昨日、美咲にイラストを見せてもらったとき、そのイラストに描かれていたドラゴンが、すごくかっこいいと思ったのだ。そして、無意識に、自分の力を使って、そのドラゴンを現実に呼び出してしまったのだ。

「し、しまった。これは、俺のせいだ。美咲、ごめん。俺が、このドラゴンを消すから、とりあえず、安全なところに隠れててくれ」
健太は美咲に謝りながら、ドラゴンに向かって走っていった。美咲は、健太の言葉が何を意味するのか、わからなかったが、とにかく、彼の言うとおりにした。彼女は、近くの木の陰に隠れて、健太の姿を見つめた。健太は、ドラゴンの前に立ちふさがり、必死に何かを言っていた。しかし、ドラゴンは、健太の言葉を聞く耳を持たず、炎を吐いて、健太を攻撃しようとした。

「やめろ!俺は、お前を呼び出したんだ。俺が、お前を消せるんだ。だから、素直に帰ってくれ!」
健太は、ドラゴンに叫んだ。彼は、自分の力を使って、ドラゴンを元のイラストに戻そうとした。しかし、何故か、力がうまく働かなかった。ドラゴンは、健太の力に抵抗していたのだ。健太は、パニックになった。彼は、自分の力をコントロールできなくなっていたのだ。

「どうしよう。どうしよう。美咲、助けてくれ!」
健太は、美咲に助けを求めた。美咲は、健太の声に反応して、木の陰から出てきた。彼女は、健太が危ないと思って、彼のところに駆け寄ろうとした。しかし、そのとき、ドラゴンが、健太に向かって、大きな口を開けた。健太は、ドラゴンの口の中に飲み込まれそうになった。

「健太ー!」
美咲は、健太の名前を叫んだ。彼女の声が、ドラゴンの耳に届いた。ドラゴンは、美咲の声に反応して、口を閉じた。健太は、ドラゴンの歯の間から、美咲の姿を見た。彼は、美咲が心配そうに自分を見ているのを見て、感動した。彼は、美咲のことが好きだと気づいた。彼は、美咲に伝えたかった。彼は、美咲に笑顔を見せたかった。

しかし、彼は、ドラゴンの口の中に閉じ込められていた。彼は、自分の力を使って、ドラゴンを倒そうとしたが、どうにもならなかった。彼は、美咲に別れを告げようとしたが、声も出なかった。彼は、美咲にありがとうと言いたかったが、言葉も見つからなかった。彼は、美咲に愛してると言いたかったが、それはもう遅かった。

「健太、健太、大丈夫!?私、助けるから!待ってて!」 美咲は、健太を救い出そうとして、ドラゴンに向かって走っていった。彼女は、ドラゴンの口に手を伸ばして、健太を引っ張ろうとした。しかし、ドラゴンは、美咲の手を噛みつこうとして、再び口を開けた。美咲は、ドラゴンの牙にかすり傷を負ったが、気にせずに、健太の手を掴んだ。彼女は、健太の手を強く握って、彼を引き寄せた。彼女は、健太の顔を見て、涙を流した。

「健太、健太、聞こえる?私、あなたのことが好きだよ。ずっと好きだったんだ。だから、私と一緒にいて。私を置いていかないで」 美咲は、健太に告白した。彼女の言葉が、健太の耳に届いた。健太は、美咲の言葉に驚いた。彼は、美咲が自分のことを好きだと言ってくれたことに感動した。彼は、美咲に答えたかった。彼は、美咲に笑顔を見せたかった。彼は、美咲に抱きしめたかった。彼は、美咲に愛してると言いたかった。彼は、美咲に幸せになろうと言いたかった。彼は、美咲に生きていてくれと言いたかった。

「美咲、美咲、ありがとう。私も、あなたのことが好きだよ。ずっと好きだったんだ。だから、私と一緒にいて。私を離さないで」 健太は、美咲に返事した。彼の言葉が、美咲の心に届いた。美咲は、健太の言葉に嬉しくなった。彼女は、健太に答えた。彼女は、健太に笑顔を見せた。彼女は、健太に抱きしめた。彼女は、健太に愛してると言った。彼女は、健太に幸せになろうと言った。彼女は、健太に生きていてくれと言った。

「美咲、健太、おめでとう。私は、あなたたちのことを祝福するよ。だから、私は、あなたたちを解放するよ」 ドラゴンは、美咲と健太の言葉に感動した。ドラゴンは、美咲と健太の愛に触れた。ドラゴンは、美咲と健太の幸せに笑った。ドラゴンは、美咲と健太の願いに応えた。ドラゴンは、美咲と健太を口から出して、空に飛んでいった。ドラゴンは、美咲と健太に別れを告げて、元のイラストに戻った。

「美咲、健太、さようなら。私は、あなたたちのことを忘れないよ。あなたたちは、私の最高の友達だよ」 ドラゴンは、美咲と健太に言った。美咲と健太は、ドラゴンに言った。

「ドラゴン、ありがとう。私たちも、あなたのことを忘れないよ。あなたは、私たちの最高の友達だよ」

なんか無駄に壮大な話になったな。

ソリッドビジョンシステムかな?

ついでにドラゴンもAIに描いてもらった。

予想以上にまともなんですが。。。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました