※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

サプライズの結末

AI作文
この記事は約3分で読めます。

彼女は花束を抱えて、彼の家の前に立った。今日は彼の誕生日だった。彼女は彼にサプライズをしようと思っていた。彼は仕事で忙しいと言っていたが、彼女はそれが嘘だと分かっていた。彼は彼女に何かを隠しているのだ。彼女は彼の浮気を疑っていた。

彼女はドアベルを押した。しばらくして、ドアが開いた。彼女の目に飛び込んできたのは、彼ではなく、彼女の親友だった。彼女は驚いて、花束を落とした。彼女の親友は彼女を見て、慌ててドアを閉めようとした。しかし、彼女はそれを阻止した。彼女はドアを押し開けて、家の中に入った。彼女は彼を探した。彼はリビングルームにいた。彼はソファに座って、テレビを見ていた。彼は彼女の姿を見て、驚いた。彼は立ち上がって、彼女に近づこうとした。しかし、彼女は彼を拒絶した。

「何をしているの?あなたは私に嘘をついたの?あなたは私の親友と浮気をしていたの?」彼女は彼に詰め寄った。

「違う、違うんだ。説明させてくれ。これはすべて、君のためのサプライズだったんだ。」彼は必死に弁解した。

「サプライズ?どういうサプライズなの?私の親友と寝て、私を裏切ることがサプライズなの?」彼女は怒鳴った。

「いや、そうじゃない。本当のことを言おう。俺は君にプロポーズしようと思っていたんだ。だから、君の親友に協力してもらって、指輪を買ったり、パーティーを準備したりしていたんだ。今日は君を家に呼んで、サプライズでプロポーズしようと思っていたんだ。でも、君が先に来ちゃったんだ。」彼は彼女に真実を告げた。

彼女は彼の言葉を聞いて、信じられなかった。彼は彼女にプロポーズしようとしていたのだ。彼女は自分の勘違いに気づいた。彼女は彼に謝ろうとした。しかし、彼は彼女を許さなかった。

「もう遅いよ。君は俺を信じてくれなかった。君は俺の気持ちを踏みにじった。君は俺の大切な人を傷つけた。俺はもう君と一緒にいられない。」彼は彼女に別れを告げた。彼は彼女の手を振り払って、家から出て行った。

彼女は彼の後を追おうとしたが、彼女の親友が彼女を止めた。彼女の親友は彼女に抱きついて、泣きながら謝った。

「ごめんなさい、ごめんなさい。私はあなたのことを裏切っていないの。私は彼と一緒になろうとしていないの。私はあなたの幸せを願っているの。私は彼に協力して、あなたにサプライズをしようとしただけなの。私はあなたの親友なの。」彼女の親友は彼女に説明した。

彼女は彼女の親友の言葉を聞いて、混乱した。彼女は彼女の親友を信じるべきだったのだろうか。彼女は彼女の親友を許すべきだったのだろうか。彼女は自分の気持ちが分からなくなった。彼女は彼女の親友を押しのけて、家を飛び出した。彼女は彼を探した。彼女は彼に謝りたかった。彼女は彼にプロポーズを受け入れたかった。彼女は彼と一緒にいたかった。

彼女は彼の車を見つけた。彼は車の中で、何かを考えていた。彼女は彼の車に近づいた。彼女は彼の車の窓を叩いた。彼は彼女の顔を見て、怒った。彼は彼女に話しかける気がなかった。彼は彼女を無視して、車を発進させた。彼女は彼の車に飛びついた。彼女は彼の車のドアを開けようとした。しかし、彼は彼女を振り払おうとした。彼は彼女を突き飛ばした。彼女は彼の車から落ちた。彼女は道路に倒れた。彼女は頭を打った。彼女は血を流した。彼女は意識を失った。

彼は彼女の姿を見て、慌てた。彼は彼女が死んだと思った。彼は彼女に駆け寄った。彼は彼女の名前を呼んだ。彼は彼女の手を握った。彼は彼女に謝った。彼は彼女に愛していると言った。彼は彼女にプロポーズした。彼は彼女に指輪をはめた。彼は彼女にキスした。彼は彼女に笑顔を見せた。彼は彼女に幸せになろうと言った。彼は彼女に嘘をついた。彼は彼女に別れを告げた。彼は彼女にさよならを言った。

彼女は彼の声を聞いた。彼女は彼の涙を感じた。彼女は彼の愛を知った。彼女は彼のプロポーズを受け入れた。彼女は彼の指輪を見た。彼女は彼のキスを返した。彼女は彼の笑顔を覚えた。彼女は彼と幸せになりたかった。彼女は彼に嘘をつかなかった。彼女は彼に別れを言わなかった。彼女は彼にさよならを言わなかった。

彼女は彼に微笑んだ。彼女は彼にありがとうと言った。彼女は彼に愛してると言った。彼女は彼に目を閉じた。彼女は彼と一緒に眠った。彼女は彼と一緒に死んだ。

このブログで契約している有料サーバーはこちら
こちらもおすすめです。クリックして見てみて下さい。
女装を始めるなら洋服はこちらで、彼女へのプレゼントにもいいですよ。
上質な記事を自動生成したいなら。文才のない私には欠かせません。
画像の元ネタが無い人へ、無から有を作りましょう。

読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

気に入ってもらえたらクリックお願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
趣味・ホビーランキング

AI作文
シェアする
ことをフォローする
女装写真をイラストに

コメント

タイトルとURLをコピーしました