私服

AI作文

異体同心【TSF、入れ替わり】

都内に住む大学生の中村健一は、日々の忙しさに追われていた。 友人との集まりで訪れたカフェで、一人の女性、山田彩花と偶然出会った。 彩花は明るく、笑顔が絶えない女性で、その魅力に健一は自然と引き寄せられた。カフェで話しているうちに、二人は意気...
AI作文

鏡の向こう側【TSF、入れ替わり】

美しい夏の朝、森の中にある小さな湖のほとりで、アキラとサヤは出会いました。 アキラは都会から休暇で訪れた大学生で、一方、サヤはこの村に住む地元の高校生でした。 二人は初めて会ったとは思えないほどすぐに打ち解け、友達になりました。ある日、二人...
AI作文

異世界転生して入れ替わり【TSF、入れ替わり】

あの日、彼の人生は一変した。朝日が差し込む寝室で、健二は目を覚ました。 だが、目に映る光景はいつもの部屋ではなく、豪華なカーテンと上品なインテリアで飾られた見知らぬ場所だった。 混乱し、ベッドから飛び起きた彼は、自分の姿を鏡で見て驚愕した。...
AI作文

不器用な指先【TSF、性転換】

ある朝、目覚めた僕は、鏡の前で困惑していた。 昨夜までの記憶がぼんやりとしている中、鏡に映るのは見慣れたはずの自分ではなく、 ピンクのリボンで結ばれたツインテールの女の子だった。 僕――いや、今の私は、どうやら女体化の現象に巻き込まれたらし...
AI作文

新たな視点での再出発【TSF、入れ替わり】

ある日、平凡な会社員である田中浩二は、図書館で古びた魔法の本を見つけた。 その本には「魂の入れ替わり術」と呼ばれる呪文が記されていた。 好奇心から浩二はその呪文を試してみることにした。「本当にこんなことができるのか?」浩二は半信半疑で呪文を...
AI作文

君と僕のシフトチェンジ【TSF、入れ替わり】

東京の大学に通う二十歳の若者、翔太と彼の彼女、綾音は、普通の学生生活を送っていた。 二人はお互いに深い愛情を持っており、一緒にいる時間を楽しんでいた。 しかし、最近、二人はお互いの生活や視点をもっと理解したいと感じるようになった。 特に、異...
AI作文

2度と戻れない【TSF、入れ替わり】

高橋翔は普通の高校生だった。 夏休みの最終日、彼は海辺の町を一人で散策していた。 日が沈みかけた空の下、彼は静かな海を眺めながら、これからの新学期に向けての不安や期待を胸に抱いていた。その時、海辺の岩陰から一人の少女が現れた。 彼女は長い髪...
AI作文

鏡に映るもう一人の私【TSF、変身、ワンピース】

日差しが暖かく感じられる春のある日、翔太は近所の古びた雑貨屋を訪れた。 彼は以前からこの店の不思議な雰囲気に興味を抱いていた。 店内に足を踏み入れると、埃っぽい空気が漂い、何とも言えない懐かしさを感じた。 店主の老婦人が優しい笑顔で迎えてく...
AI作文

まぼろしの変身【変身、普段着で】

ある晩、小さな町の片隅に住む10歳の少年、タクミは、母親の部屋から洋服を こっそり借りてきて、試着してみることに決めた。 彼は母親の洋服に興味を持ち、その魅力に引き込まれた。 夜が更けるにつれて、彼は母親のドレッサーから一着の服を借り出し、...
AI作文

ブレスレット~少女に変わった僕の冒険~【TSF、私服】

高橋翔太はごく普通の高校生だった。 クラスでは目立たない存在で、特に興味を引くような特技もない。 そんな彼がある日、友人の加藤に誘われて訪れた古い骨董品店で、不思議なブレスレットを見つけた。「これ、ちょっとかっこいいかも」と翔太はブレスレッ...
AI作曲

航海の平和

この画像を元にして生成してみました。 結構無理やり押し込めた感があります。 何事も楽しようとすると上手くいかないですね。
AI作文

緑の小道での笑顔【遊びに行った先での1枚】

緑豊かな森の中、小さな石畳の小道がひっそりと伸びていた。 道の脇には色とりどりの花々が咲き乱れ、鳥たちが楽しげに囀っている。 この道を歩くと、まるで別世界に迷い込んだかのような感覚に包まれる。 そんな静謐な場所で、一人の少女がカメラに向かっ...
AI作文

都会の水辺で【実は日の出桟橋からのクルージング】

あの日、彼女は都会の喧騒を離れ、静かな水辺へと足を運んだ。 大きなビル群が立ち並ぶ中、彼女は船に乗り込んだ。 波間に揺れる船上で、彼女の心もまた揺れていた。 白い毛皮のコートを羽織り、黒いドレスを身にまとった彼女は、まるで一人の舞台女優のよ...
AI作文

未知への扉【アンクじゃなくてカギのネックレス】

アリサはその古いアンクのペンダントを手に入れた日から、 普通ではないことを感じていました。 彼女はいつもと違う道を歩き、いつもと違う空気を吸い、 いつもと違う光を見ていました。 ある日、彼女はそのペンダントを首にかけ、深呼吸をしました。 す...
AI作文

蒼の優雅さ【実はロング丈ワンピース+羽織】

静かな町の片隅で、小さなアトリエを営む彼女は、布地と向き合う日々を送っていた。 彼女の名前は美波。 年齢を重ねるごとに、彼女の作るドレスはより洗練され、色彩はより深みを増していった。ある日、美波は特別な顧客のために、蒼いカーテンのようなドレ...
AI作文

黄昏時の約束【鬱系の小話】

ミユキは、彼女の小さな部屋の窓辺に立ち、外の世界を眺めていました。 彼女の心は、愛する人の帰りを待ちわびる深い悲しみに満ちていました。 彼女の目には、かつて二人で歩いたあの公園、一緒に笑ったあのカフェの景色が映っていました。 しかし、今はそ...
AI作文

平和のサイン【水色のブルゾンにロングヘア】

静かな町の片隅で、小さなアートギャラリーがありました。 そのギャラリーのオーナーは、ある日、謎の絵を受け取ります。 それは、顔がぼかされた人物が平和のサインをしているイラストでした。 絵には名前も署名もなく、ただ「平和のサイン」というタイト...
AI作文

ぬいぐるみと過ごす休息のひととき【ロングスカートとぬいぐるみ】

静かな町の片隅で、小さな家がひっそりと佇んでいた。 家の中では、アヤという名の若い女性が、愛用の木製の椅子に座り、 大切なぬいぐるみを抱きしめていた。 彼女の顔には、穏やかな微笑みが浮かんでいる。 ピンクのセーターには、幸せな記憶が刺繍され...
AI作文

彩りの織り成す物語【ロングスカートとサンダル】

ある小さな町の片隅に、色とりどりの小物が飾られた小さな店がありました。 店主のミナコは、世界中から集めた珍しい品々を売っていました。ミナコは今日も店の前で、新しい商品を並べていました。 彼女の目を引いたのは、鮮やかな青と白の模様が描かれた長...
AI作曲

雨の中【AI作曲】

こちらのイラストを元に作りました。
AI作文

創られた青空の下で【傘、雨降り、芸術】

青空の下で、彼女は立っていた。 傘を差し、その独特なデザインが暗い背景に映える。 彼女の顔は見えないが、その姿勢からは静かな決意が感じられる。彼女の名前はミユキ。 今日は彼女にとって大切な日だ。 長い間、心に秘めていた夢を叶えるための第一歩...
AI作曲

AIソングメーカーで音楽を作ってみた。

AIソングメーカーっていう、ブラウザ上のサービスで ちょっと前に公開したイラストを元に 音楽を作ってみました♪ 無料のAIツールって増えてきてますね♪ この写真が↓の曲に この写真が↓の曲に なんか曲調一緒ですけどね♪ 他のも今後試してみる...
AI作文

UXC【私服でラフに】

彼女はただ横たわっていた。 ピンクと紫が混ざり合った空間で、時間が止まったかのように。 彼女の着ている白黒のストライプシャツには「UXC」という文字が はっきりと映えていた。 顔は見えない。それはプライバシーのためか、それとも芸術的な理由か...
AI作文

黄昏時の謎【私服】

都会の喧騒が遠ざかり、夕焼けが空を染め上げる。 ビル群の間から漏れる光が、ベランダに立つ二人の影を長く引き伸ばす。 風が彼らの髪を優しく撫で、静寂が会話を待つ。「君は何者だ?」短い髪の男性が問う。 彼の名はリョウ。目の前の女性、アキは答える...
AI作文

新緑の約束【私服】

みどりの日にちなんだショートストーリーをAIにお願いしたら こんな感じになりました♪ 春の光が、彼女の部屋にそっと差し込んだ。 窓の外では、桜の花びらが舞い、新緑の葉が風に揺れている。 彼女は、白いレースのトップスに、ストライプのスカートを...
AI作文

デジタルドリームランド【私服】

昔々、ある静かな町の片隅に、小さな部屋がありました。 その部屋の中には、夢と現実が交差する不思議な空間が広がっていました。 そこは「デジタルドリームランド」と呼ばれる場所で、一人の少女がその中心にいました。少女の名前はミユ。 彼女は現実世界...
AI作文

猫への愛情【私服】

風が静かに街を撫でる夜、小さなアパートの一室で、ミナは窓辺に座り、 白い猫のユキと共に星空を眺めていた。 ユキはミナの膝の上で丸くなり、時折、外の世界に興味津々な目を向ける。「ユキ、星を見たことある?」ミナはそっと尋ねた。ユキは答えない。し...
AI作文

静謐なる蒼の舞【私服】

かつて、遥か彼方の王国に、蒼いドレスを纏った踊り子がいました。 彼女の名はアイラ。 王国で最も美しい庭園で、毎夜、月明かりの下で舞を披露していました。 アイラの舞は、見る者を魅了し、心を癒やす力がありました。ある日、王国に不穏な噂が流れ始め...
AI作文

春の訪れ【私服】

竹林の一角で、彼女は静かに立っていた。 彼女の名前は知られていない。人々は彼女を「竹林の精」と呼んでいた。 彼女の顔は、誰にも見せることはない。 それは、彼女がこの世界との唯一の境界だった。彼女の周りでは、竹が天に向かってまっすぐに伸び、緑...
AI作文

エーテリアルエレガンス【私服】

空に浮かぶ月が、静かな夜の帳を開ける。 街の灯りが遠く霞んでいる中、彼女は一人、古びたアトリエの窓辺に立っていた。 彼女の名前はミヤ。世界でただ一人、夢を紡ぐ画家だ。ミヤの絵筆がキャンバスに触れるたび、色とりどりの光が舞い上がり、幻想的な世...
古都礼奈をフォローする