浴衣

AI作文

夏祭り【若干強制女装、浴衣】

今日は気が向いたのでもう一本 健太(けんた)は、友人たちと地元の夏祭りを楽しむ予定だったが、その夜はいつもと少し違っていた。 彼の親友、美咲(みさき)は健太に驚きの提案をしたのだ。「ねえ健太、今年の夏祭り、一緒に浴衣を着て行こうよ。でも、ち...
AI作文

雪の中のぬいぐるみ【着物、小紋】

彼女は白い熊のぬいぐるみを抱きしめて、窓から雪景色を眺めた。 このぬいぐるみは、彼女が小さい頃に祖母からもらったものだった。 祖母は今は亡くなってしまったが、彼女はいつもこのぬいぐるみを大切にしていた。彼女は今日、初めてのデートに行くはずだ...
AI作文

桜の花びら【着物、浴衣】

彼女は着物を着て、桜の木の下に立っていた。彼女の顔はぼやけていたが、彼女の目は澄んでいた。彼女は自分の人生を振り返っていた。幼い頃から、彼女は美しくて賢くて才能があると言われてきた。彼女は学校で優秀な成績を収め、多くの賞を受賞した。彼女は社...
手書きの駄文

女装すると、異性に話しかけやすい気がする【着物、浴衣】

普段の格好だと、見知らぬ女性には話しかけられない 普通に不審者として捕まりそうで怖い でも女装して外にいたら、それだけで不審者扱いされそう なんてことはなく、むしろ相手のハードルが下がります 普通に話しかけてもらえます。 何かイベントであれ...
古都礼奈をフォローする