女装

AI作文

傘の下の秘密【女装】

小さな町の公園には、毎日のように訪れる一人の青年がいた。 彼の名前は大樹(だいき)といい、見た目は普通の青年だったが、彼には誰にも言えない秘密があった。 それは、女装が好きであることだった。大樹は、小さい頃から女性の服やアクセサリーに興味を...
AI作文

可憐なロリータ男子【女装、ロリータ】

午後の日差しが優しく差し込む部屋で、淡い紫色のクッションに身を預けたアユムは微笑んでいた。 彼の長い金髪は優雅に波打ち、ピンクのリボンと白いレースが彼の美しさを引き立てている。 アユムの笑顔はまるで絵画のように完璧だったが、その微笑みの裏に...
AI作文

夏祭りの夜【女装、浴衣】

夏の夜、町は提灯の灯りで賑やかに彩られていた。 高校生の拓也(たくや)は、友人たちと夏祭りを楽しむために神社の境内へ向かっていた。 友人たちとの会話が盛り上がる中、拓也の目は人混みの中で一人の美しい浴衣姿の少女に留まった。 彼女の姿はまるで...
AI作文

チャイナドレスが導いた新たな自分【女装】

「一度くらい、試してみてもいいんじゃない?」その提案は、友人の美咲からだった。 大学の文化祭で行われる女装コンテストに、どうしても参加してほしいというのだ。 彼女の目は真剣で、断ることができない雰囲気だった。僕の名前は高橋直人、22歳の大学...
AI作文

鏡の中の「綺羅」【女装】

鏡の前に座る綺羅(きら)は、ふわりとしたブロンドのウィッグを丁寧に整えた。 彼の本名は健太(けんた)だったが、この店で働くときは「綺羅」として知られていた。 豪華なドレスときらびやかなアクセサリーに身を包み、彼は夜の街に繰り出す準備をしてい...
AI作文

別視点で見た新たな世界【TSF,入れ替わり、女装】

20歳の大学生、田中一郎は、駅前の古い喫茶店でバイトをしていた。 ある日、常連客の一人である40代の美咲がいつもとは違う様子で店にやってきた。 美咲は一郎にとって親しい相談相手であり、彼女もまた一郎に好意を持っていた。美咲は一郎に話しかけた...
AI作文

夜の街に響く心の声【入れ替わり、女装、制服】

その日、夜の静けさが街を包んでいた。 昼間の喧騒とは打って変わって、街灯の薄明かりが通りを照らし出す中、佐藤先生は慎重に歩を進めていた。 30代の歴史教師である彼は、昼間は生徒たちに真面目な態度で接する教師だったが、夜になると自分だけの秘密...
AI作文

秘密の放課後【女装、制服、男女逆転】

佐藤直人は、クラスの人気者である高橋真希から突然呼び出された。 直人はいつも彼女に憧れていたが、特に話す機会もなく、なぜ自分が呼ばれたのか不思議だった。 真希の提案を聞いて驚いた。 彼女は学校の文化祭の劇で男装することになっており、その逆で...
AI作文

突然の花嫁【ウェディング、女装、男女逆転】

秋の爽やかな風が吹き抜ける午後、私は大きな鏡の前でウェディングドレスをまとっていた。 その姿を見つめる自分自身が信じられない気持ちでいっぱいだった。 数週間前までは、ごく普通の男性として生活していたのに、今や美しい花嫁として結婚式の準備をし...
AI作文

夏祭り【若干強制女装、浴衣】

今日は気が向いたのでもう一本 健太(けんた)は、友人たちと地元の夏祭りを楽しむ予定だったが、その夜はいつもと少し違っていた。 彼の親友、美咲(みさき)は健太に驚きの提案をしたのだ。「ねえ健太、今年の夏祭り、一緒に浴衣を着て行こうよ。でも、ち...
AI作文

メイドの瞳に映るもの【メイド服】

その日、僕――田中翔太は、ごく普通の大学生だった。 友人の誘いで訪れた秋葉原のメイドカフェ、そこで奇妙な出来事が起こるまでは。カフェに入った瞬間、目に飛び込んできたのは、金髪で可愛らしいメイドだった。 彼女は他のメイドとは一線を画す美しさで...
AI作曲

航海の平和

この画像を元にして生成してみました。 結構無理やり押し込めた感があります。 何事も楽しようとすると上手くいかないですね。
AI作文

緑の小道での笑顔【遊びに行った先での1枚】

緑豊かな森の中、小さな石畳の小道がひっそりと伸びていた。 道の脇には色とりどりの花々が咲き乱れ、鳥たちが楽しげに囀っている。 この道を歩くと、まるで別世界に迷い込んだかのような感覚に包まれる。 そんな静謐な場所で、一人の少女がカメラに向かっ...
AI作文

都会の水辺で【実は日の出桟橋からのクルージング】

あの日、彼女は都会の喧騒を離れ、静かな水辺へと足を運んだ。 大きなビル群が立ち並ぶ中、彼女は船に乗り込んだ。 波間に揺れる船上で、彼女の心もまた揺れていた。 白い毛皮のコートを羽織り、黒いドレスを身にまとった彼女は、まるで一人の舞台女優のよ...
AI作文

ステージの待ち時間【セーラー服の冬服】

舞台裏は静かだった。緊張で息が詰まりそうなほどの静寂。 暗がりの中で、唯一の光は赤いベルベットのカーテンの隙間から漏れるスポットライトだけ。 そこに立つのは、学生服を着た少女、彼女の名前はユイ。ユイは手を顔の近くに持ってきて、自分の番が来る...
AI作文

蒼の優雅さ【実はロング丈ワンピース+羽織】

静かな町の片隅で、小さなアトリエを営む彼女は、布地と向き合う日々を送っていた。 彼女の名前は美波。 年齢を重ねるごとに、彼女の作るドレスはより洗練され、色彩はより深みを増していった。ある日、美波は特別な顧客のために、蒼いカーテンのようなドレ...
AI作文

黄昏時の約束【鬱系の小話】

ミユキは、彼女の小さな部屋の窓辺に立ち、外の世界を眺めていました。 彼女の心は、愛する人の帰りを待ちわびる深い悲しみに満ちていました。 彼女の目には、かつて二人で歩いたあの公園、一緒に笑ったあのカフェの景色が映っていました。 しかし、今はそ...
AI作文

平和のサイン【水色のブルゾンにロングヘア】

静かな町の片隅で、小さなアートギャラリーがありました。 そのギャラリーのオーナーは、ある日、謎の絵を受け取ります。 それは、顔がぼかされた人物が平和のサインをしているイラストでした。 絵には名前も署名もなく、ただ「平和のサイン」というタイト...
AI作文

ぬいぐるみと過ごす休息のひととき【ロングスカートとぬいぐるみ】

静かな町の片隅で、小さな家がひっそりと佇んでいた。 家の中では、アヤという名の若い女性が、愛用の木製の椅子に座り、 大切なぬいぐるみを抱きしめていた。 彼女の顔には、穏やかな微笑みが浮かんでいる。 ピンクのセーターには、幸せな記憶が刺繍され...
AI作文

彩りの織り成す物語【ロングスカートとサンダル】

ある小さな町の片隅に、色とりどりの小物が飾られた小さな店がありました。 店主のミナコは、世界中から集めた珍しい品々を売っていました。ミナコは今日も店の前で、新しい商品を並べていました。 彼女の目を引いたのは、鮮やかな青と白の模様が描かれた長...
AI作文

隠された顔【制服 コスプレ レプリカ】

ある晴れた日曜日、アミはいつものように公園を散歩していました。 彼女は緑豊かな木々の間を歩き、鳥のさえずりを聞きながら、心地よい風を感じていました。 しかし、その平穏は突如として終わりを告げます。 アミの前に現れたのは、鮮やかな黄色い背景に...
AI作文

無表情な時間【セーラー服 コスプレ】

学校の鐘が鳴り響く。午後の授業が始まる合図だ。 しかし、教室の一角に座る彼女にとって、それはただの背景音に過ぎなかった。 彼女の名前はユイ。 しかし、クラスメートたちは彼女を「顔なしのユイ」と呼んでいた。 なぜなら、彼女の顔は誰にも見えない...
AI作曲

雨の中【AI作曲】

こちらのイラストを元に作りました。
AI作文

創られた青空の下で【傘、雨降り、芸術】

青空の下で、彼女は立っていた。 傘を差し、その独特なデザインが暗い背景に映える。 彼女の顔は見えないが、その姿勢からは静かな決意が感じられる。彼女の名前はミユキ。 今日は彼女にとって大切な日だ。 長い間、心に秘めていた夢を叶えるための第一歩...
AI作曲

夢のドレス

こちらはイラストから作った曲。 ワンパターンじゃなくて色々作れそう。 でもその分設定がめんどい。
AI作文

空の旅の休息【ロリータ】

空の青さは、地上の喧騒から逃れたいと願う人々にとっての安息の色だ。 機内の静けさは、まるで別世界にいるかのような錯覚を与える。 フライトアテンダントの美咲は、その静寂を愛していた。 彼女にとって、飛行機はただの職場ではなく、思索と夢想を巡ら...
AI作曲

CREEVOで音楽を作ってみた

こちらも無料で音楽が作れるので試してみました。 1.おまかせ作曲かデザイン作曲か選ぶ。 とりあえずおまかせでやってみました。 2.歌詞入力 これもまあ思い浮かぶままに 3.読み方を確認 ひらがなを確認しましょう。だいたい合ってる。 4.タイ...
AI作曲

AIソングメーカーで音楽を作ってみた。

AIソングメーカーっていう、ブラウザ上のサービスで ちょっと前に公開したイラストを元に 音楽を作ってみました♪ 無料のAIツールって増えてきてますね♪ この写真が↓の曲に この写真が↓の曲に なんか曲調一緒ですけどね♪ 他のも今後試してみる...
AI作文

UXC【私服でラフに】

彼女はただ横たわっていた。 ピンクと紫が混ざり合った空間で、時間が止まったかのように。 彼女の着ている白黒のストライプシャツには「UXC」という文字が はっきりと映えていた。 顔は見えない。それはプライバシーのためか、それとも芸術的な理由か...
AI作文

静寂の誓い【ウェディング】

彼女は静かに椅子に座っていた。 結婚式のドレスは、純白で、繊細なレースが施され、 彼女の周りの空気さえも清らかに感じさせる。 ブーケは、白と青、緑の花々が束ねられ、 新しい生活の始まりを象徴しているかのようだった。 しかし、彼女の顔は見えな...
古都礼奈をフォローする