ロリータ

AI作文

新しい自分との出会い【TSF、入れ替わり、熟女】

大学生の翔太は、いつも通りの平凡な日々を過ごしていたが、ある日、隣に住む夏子さんから声をかけられた。「翔太君、ちょっと相談があるの。」夏子さんは落ち着いた雰囲気の中にも、どこか好奇心を秘めた目で翔太を見つめた。翔太は少し緊張しながらも、夏子...
AI作曲

夢のドレス

こちらはイラストから作った曲。 ワンパターンじゃなくて色々作れそう。 でもその分設定がめんどい。
AI作文

空の旅の休息【ロリータ】

空の青さは、地上の喧騒から逃れたいと願う人々にとっての安息の色だ。 機内の静けさは、まるで別世界にいるかのような錯覚を与える。 フライトアテンダントの美咲は、その静寂を愛していた。 彼女にとって、飛行機はただの職場ではなく、思索と夢想を巡ら...
AI作文

こどもの日に【ロリータ】

新緑が眩しい五月の日、公園は生命の息吹で満ち溢れていた。 木々は若葉を茂らせ、花々は色とりどりに咲き誇っている。 その中で、一人の子供が静かにぬいぐるみと遊んでいた。子供の名前はユイ。 彼女は星柄の白いドレスを身にまとい、花で飾られた茶色の...
AI作文

紫の幻想【ロリータ】

かつて、遠い王国に、美しい庭園がありました。 その中心には、神秘的な力を持つと言われる紫色の花が咲いていました。 庭園の管理人であるリリアは、その花を守るために日夜努力していました。ある日、庭園に一人の旅人が訪れました。 彼の名前はカイルで...
AI作文

光の中の物語【ロリータ】

彼女は図書館の奥深くに立っていた。 古びた本棚が彼女を取り囲んでいた。 その本棚は、知識と冒険の扉を隠しているように見えた。 彼女は白いドレスを着ていた。 長い袖とピンクのスカートが、彼女の細い体を包み込んでいた。 足元には黒いストッキング...
AI作文

ロリータの夢窓【ロリータ】

静かな部屋の中で、リリアンは窓辺に立っていた。 彼女の手には、黄色いテディベアがしっかりと握られている。 その瞳は、窓ガラスに映る自分自身を見つめていた。 彼女のドレスは白く、青いリボンがアクセントになっている。 髪には花を飾り、その姿はま...
AI作文

光の舞 (Dance of Light)【ロリータ】

彼女は光の中で踊っていた。彼女の名前はユイという。彼女は光の使い手で、月の力を借りて魔法を使うことができた。彼女は月の神殿で修行していたが、今日は特別な日だった。今日は満月の夜で、彼女は初めて月の祭りに参加することになっていた。月の祭りとは...
AI作文

天使の光【ロリータ】

第一章: 薄明の出会い夜明け前、世界は静寂に包まれていた。 ピンク色の雲が空を染め、まるで天使たちが目を覚まし、新たな日の始まりを告げているかのようだった。アリアンナはその美しい風景を眺めていた。 彼女は小さな村の住人で、いつもこの丘に登っ...
AI作文

羽根の雪の中で【ロリータ】

私は座っている。壊れた機械の上に。白い羽根が舞う。私はこの世界に属していないと感じる。機械の世界。冷たくて、無機質で、無情な世界。私はここにいるべきではない。私は違う世界に行きたい。羽根の世界。暖かくて、柔らかくて、優しい世界。私は機械の中...
AI作文

春の散歩【ロリータ】

彼女は白いドレスを着て、桜の木々が並ぶ道を歩いていた。彼女はこの道が好きだった。春になると、桜の花が咲き乱れ、空気は甘い香りに満ちていた。彼女は花びらを手に取り、優しく吹く風に乗せてみた。花びらは軽やかに舞い上がり、彼女の白いドレスに映えた...
AI作文

ぬいぐるみの秘密【ロリータ】

ある日の午後、リナはお父さんと一緒に公園にやってきた。お父さんはリナにベンチに座って待っているように言って、近くの売店にコーヒーを買いに行った。リナはベンチに座り、お父さんからもらった大きなぬいぐるみの犬を抱きしめた。ぬいぐるみの犬はリナの...
AI作文

白いドレスの少女【ロリータ】

彼女は白いドレスを着て、ピンクのリュックを背負っていた。彼女の名前はリナという。リナは魔法の国エルフィアに住む少女で、魔法学校に通っていた。リナは魔法が大好きで、いつかは偉大な魔法使いになりたいと夢見ていた。しかし、リナには一つだけ悩みがあ...
AI作文

猫の幽霊【ロリータ】

彼女は猫だった。猫の耳と尾を持つ、白いドレスを着た、かわいらしい少女の姿で。彼女は人間の家に住んでいたが、人間には見えなかった。彼女は人間には聞こえなかった。彼女は人間には触れられなかった。彼女は人間には存在しなかった。彼女は幽霊だった。彼...
AI作文

水と空の恋人たち【ロリータ】

彼女は水の精だった。猫の耳と尾を持つ、白いセーターとショートパンツを着た、可愛らしい少女の姿で。彼女は水の中に住んでいたが、水面に出るのが好きだった。水面には、彼女が見たこともないような色と光があふれていた。彼女は水面に手を伸ばして、その色...
AI作文

ロリータの妄想記事【ロリータ】

私は今日、初めて彼に会いました。 彼は私の憧れの人でした。 彼はロリータ・ファッションが好きな女装男子でした。 彼は私の目の前に現れたとき、私は息をのみました。 彼は白いブラウスに紫の花柄と青いチェック柄のドレスを着ていました。 彼は白いヘ...
手書きの駄文

涼しくなってきたのでロリータもいける【ロリータ】

ロリータ服ってひらひら可愛いけど 着てるとかなり暑いんです。 結構生地が厚かったり、ひらひら多くて重かったり 結構細めに作られてるから、身体が締め付けられる。 年中着てる人を私は尊敬します。 もちろん真似はしませんが。 ガンガンクーラーを利...
手書きの駄文

AIイラストの失敗例

自撮り写真をイラストにするのに 最近は大した苦労もしませんが ものによっては何回やっても 上手くいかないものもあります。 まあ、だったらそれをネタにするんですが 元々はロリータ衣装っぽいものを着てみて ツインテールにヘッドドレス あざとさ全...
手書きの駄文

着物なのかロリータなのか【着物、着崩し】

和ロリ、女装、コスプレ、イラスト化、ミニスカート、着物、ロリータ
手書きの駄文

ゴスロリを着て女装はなかなか勇気がいる『ロリータ』

ふわふわな髪型にヘッドドレス ふりふりスカートのワンピース 一部の層には人気があるけど なかなか自分で着る勇気は出ない。 とはいえ家で着る分には誰にも見られないし お人形の服を着るような背徳感 やり始めると気分が高揚してきます。 成人男性で...
古都礼奈をフォローする