ロリータ

AI作文

天使の光

第一章: 薄明の出会い夜明け前、世界は静寂に包まれていた。ピンク色の雲が空を染め、まるで天使たちが目を覚まし、新たな日の始まりを告げているかのようだった。アリアンナはその美しい風景を眺めていた。彼女は小さな村の住人で、いつもこの丘に登っては...
AI作文

羽根の雪の中で

私は座っている。壊れた機械の上に。白い羽根が舞う。私はこの世界に属していないと感じる。機械の世界。冷たくて、無機質で、無情な世界。私はここにいるべきではない。私は違う世界に行きたい。羽根の世界。暖かくて、柔らかくて、優しい世界。私は機械の中...
AI作文

春の散歩

彼女は白いドレスを着て、桜の木々が並ぶ道を歩いていた。彼女はこの道が好きだった。春になると、桜の花が咲き乱れ、空気は甘い香りに満ちていた。彼女は花びらを手に取り、優しく吹く風に乗せてみた。花びらは軽やかに舞い上がり、彼女の白いドレスに映えた...
AI作文

ぬいぐるみの秘密

ある日の午後、リナはお父さんと一緒に公園にやってきた。お父さんはリナにベンチに座って待っているように言って、近くの売店にコーヒーを買いに行った。リナはベンチに座り、お父さんからもらった大きなぬいぐるみの犬を抱きしめた。ぬいぐるみの犬はリナの...
AI作文

白いドレスの少女

彼女は白いドレスを着て、ピンクのリュックを背負っていた。彼女の名前はリナという。リナは魔法の国エルフィアに住む少女で、魔法学校に通っていた。リナは魔法が大好きで、いつかは偉大な魔法使いになりたいと夢見ていた。しかし、リナには一つだけ悩みがあ...
AI作文

猫の幽霊

彼女は猫だった。猫の耳と尾を持つ、白いドレスを着た、かわいらしい少女の姿で。彼女は人間の家に住んでいたが、人間には見えなかった。彼女は人間には聞こえなかった。彼女は人間には触れられなかった。彼女は人間には存在しなかった。彼女は幽霊だった。彼...
AI作文

水と空の恋人たち

彼女は水の精だった。猫の耳と尾を持つ、白いセーターとショートパンツを着た、可愛らしい少女の姿で。彼女は水の中に住んでいたが、水面に出るのが好きだった。水面には、彼女が見たこともないような色と光があふれていた。彼女は水面に手を伸ばして、その色...
AI作文

ロリータの妄想記事

私は今日、初めて彼に会いました。彼は私の憧れの人でした。彼はロリータ・ファッションが好きな女装男子でした。彼は私の目の前に現れたとき、私は息をのみました。彼は白いブラウスに紫の花柄と青いチェック柄のドレスを着ていました。彼は白いヘッドバンド...
手書きの駄文

涼しくなってきたのでロリータもいける

ロリータ服ってひらひら可愛いけど 着てるとかなり暑いんです。 結構生地が厚かったり、ひらひら多くて重かったり 結構細めに作られてるから、身体が締め付けられる。 年中着てる人を私は尊敬します。 もちろん真似はしませんが。 ガンガンクーラーを利...
手書きの駄文

AIイラストの失敗例

自撮り写真をイラストにするのに 最近は大した苦労もしませんが ものによっては何回やっても 上手くいかないものもあります。 まあ、だったらそれをネタにするんですが 元々はロリータ衣装っぽいものを着てみて ツインテールにヘッドドレス あざとさ全...
ことをフォローする