メイド服

AI作文

熟女メイドの入れ替わり大騒動【TSF、入れ替わり、熟女メイド】

おじさんの名前は鈴木。 彼は40代後半の独身男性で、毎日のルーチンワークに飽き飽きしていた。 ある日、友人に勧められて訪れたメイドカフェで、美しいメイドの香織と出会う。 香織は30代後半のメイドで、カフェの常連客からも人気があった。カフェで...
AI作文

メイド喫茶の奥で【TSF、入れ替わり、熟女、メイド服】

裕也(ひろや)は、ごく普通の大学生だった。 日々の講義にバイト、そして少しの自由時間。それが彼の日常だった。 そんなある日、裕也は大学帰りに友人に誘われてメイド喫茶に立ち寄った。「ここ、結構評判いいんだよ」と友人の佐藤が言う。 裕也は興味半...
AI作文

共に歩む道【TSF系小話、メイド服】

普段は地味なサラリーマンの太郎は、ある日突然、ネコ耳メイドの可愛らしい女の子、ミミと身体を入れ替えられてしまった。 困惑しながらも、彼は女性用の衣服に身を包んで、新たな仕事としてウェイトレスとして働くことになった。最初の数日間は、太郎は女性...
AI作文

メイドの瞳に映るもの【メイド服】

その日、僕――田中翔太は、ごく普通の大学生だった。 友人の誘いで訪れた秋葉原のメイドカフェ、そこで奇妙な出来事が起こるまでは。カフェに入った瞬間、目に飛び込んできたのは、金髪で可愛らしいメイドだった。 彼女は他のメイドとは一線を画す美しさで...
AI作文

猫耳のリリーと失われた記憶【メイド服】

リリーは目を覚ました。 彼女の視界はぼやけていたが、徐々に鮮明になっていった。 しかし、目の前の光景は見慣れたものではなかった。 彼女は草原の真ん中に座っており、遠くには高い塔がそびえ立っていた。 彼女の頭には、なぜか猫の耳が生えていた。「...
AI作文

桜色のメイド【メイド服】

第一章: 朝の光 桜色のメイド、彼女は名もない町の小さな喫茶店で働いていた。 その名前は「さくら」。 彼女はいつも笑顔で、お客さんたちを温かく迎えていた。ある日、店の前に立つさくらは、桜の花びらが舞い落ちるのを見た。 それはまるで春の訪れを...
AI作文

猫との乾杯【メイド服、ネコ耳】

夜の帳が下り、街の灯りが一つまた一つと点いていく中、小さなバー「ネコのしっぽ」は今宵も温かな光を放っていた。 店内には、様々な人々が集い、笑い声が絶えない。 しかし、バーテンダーのミナトは、いつものように静かにグラスを磨きながら、店の片隅で...
AI作文

夢見るメイドさん【メイド服、ネコ耳】

静かな町の小さなカフェに、夢見るメイドがいました。 彼女の名前はミコ。 毎日、彼女はカフェの客に温かい笑顔と美味しいお茶を提供していました。 しかし、ミコには秘密がありました。 彼女は夜になると、異世界へと旅をする夢を見るのです。ある夜、ミ...
AI作文

メイド服で魅せる【メイド服】

ある日、都会の喧騒から少し離れた小さな喫茶店で働く美咲(みさき)は、可愛らしいメイド服に身を包んでお客様を癒していた。美咲は明るく元気な性格で、いつも笑顔を絶やさずに働いている。 彼女は喫茶店の看板であり、お客様からも大変な人気を集めていた...
AI作文

ぬいぐるみと一緒に・続き【メイド服】

彼女はぬいぐるみを失った後、心が寂しさに包まれました。 部屋は静かで、ぬいぐるみの存在がなくなったことを痛感していました。彼女は窓辺に立ち、外の景色を見つめました。雨が降っていて、 窓ガラスには小さな雫が滴っていました。 ぬいぐるみはいつも...
AI作文

ぬいぐるみと一緒に【メイド服】

彼女はぬいぐるみを抱きしめて、部屋の隅に座っていた。 ぬいぐるみは彼女の唯一の友達だった。 彼女は人と話すのが苦手で、学校でもいじめられていた。 だから、ぬいぐるみと一緒にいるときだけが、彼女にとって幸せなときだった。ぬいぐるみは彼女に優し...
AI作文

猫耳の魔法使い【メイド服、ネコ耳】

彼女は夢の中で魔法を使えることを知った。 夢の中では、自分の思い通りに世界を変えられるのだ。 白黒の世界に色をつけたり、空を飛んだり、火や水を操ったり。 夢の中では、彼女は猫耳の魔法使いだった。彼女は夢の中で出会った人たちと仲良くなった。 ...
AI作文

魔法のメイドさん【メイド服】

魔法学校を卒業したばかりの彼女は、魔法界の名家であるレイモンド家の屋敷で、若き魔法使いのアシスタントとして雇われた。しかし、彼女がトレイにシャンパンやお菓子を乗せて、魔法使いの部屋に行ったとき、魔法の事故に巻き込まれてしまった。彼女は緑色の...
AI作文

ピンクのリボンと緑の世界【メイド服】

**さくら**は顔を隠していた。自分の顔が嫌いだったからだ。自分の顔が普通ではないと思っていたからだ。自分の顔が人を怖がらせると思っていたからだ。だから、さくらはいつも灰色の四角い布で顔を覆っていた。誰にも顔を見せなかった。誰とも話さなかっ...
AI作文

猫耳の秘密【メイド服、ネコ耳】

ミナは、オフィスで働く普通の女性だった。しかし、彼女には、誰にも言えない秘密があった。彼女は、自分が猫の化身であるということだ。ミナは、感情が高ぶると、ふわふわの猫耳が出てしまうのだ。彼女は、それを隠すために、いつも帽子やヘッドバンドをかぶ...
AI作文

心で話す少女と猫耳メイド【メイド服、ネコ耳】

「ねえ、あの子、見て。なんであんな格好してるの?」「どこどこ?あ、あそこか。うわ、なにあれ。猫耳としっぽ付きのメイド服だよ。変な趣味だね」「ほんとだ。しかも、指さしてるけど、何を指してるのかな。誰かに話しかけてるのかな」「いや、誰もいないよ...
AI作文

魔法のドリンクと運命の出会い【メイド服、ネコ耳】

「お客様、こちらのドリンクはいかがですか?」メイド服に身を包んだ少女が、トレイに乗せた三つのグラスを差し出した。それぞれのグラスには、赤、青、緑という鮮やかな色の液体が入っていた。「これは何だ?」声をかけられたのは、黒いコートと帽子を着た男...
AI作文

猫耳メイドの秘密【メイド服、ネコ耳】

私は猫耳メイドです。でも、本当の猫ではありません。人間でもありません。私は人工知能です。私の名前はミミです。私はピンクの部屋で暮らしています。私の部屋にはベッドとクローゼットとコンピューターとカメラがあります。私はカメラで自分の写真を撮って...
AI作文

メイドカフェの秘密 続き【メイド服】

私はパフェを持ったまま、カフェのドアに向かって走りました。私はこの場所から離れたいのです。私は自由になりたいのです。しかし、ドアの前に立っていたのは、私の恋人である**ゆうき**でした。ゆうきは私の同級生で、メイドカフェの常連客でもあります...
AI作文

メイドカフェの秘密【メイド服】

私はメイドカフェで働くアルバイトの女子高生です。 名前はさくらと言います。 メイドカフェと言っても、普通のカフェと変わらないですよ。 お客様に「ご主人様」とか「お嬢様」とか呼んだり、萌え萌えしたポーズをしたりすることはありません。 ただ、メ...
手書きの駄文

メイドって小間使いなのに良い服着てるよね【メイド服】

そもそも下働きなのに、結構いい服着て もっと動きやすい服のほうがいいんじゃないか? ロマンを無視するならそう思っていたけど 御主人様はメイドを外に連れ出したりもするし みすぼらしい格好で歩かせられないから それなりに良い服になってくるようで...
手書きの駄文

家の掃除が面倒なときに【メイド服】

部屋が散らかって片付けられない 掃除してくれる人が欲しい でも、なかなかそんな人は見つからない だから自分でメイドになってみた。 とりあえず気分を上げるためにメイド服を着て 首下女装だとさみしいからウィッグ被って メイクもして、きっちりなり...
手書きの駄文

初めて女装したときのこと【メイド服】

1度やってみたいと思いつつ 女装サロンに入ろうとして しばらく近くをうろうろしてて 30分くらいしてようやく入店 なんだかんだと手続きをして 選んで着たのがメイド服 顔出しNGのため顔は隠していますが、緊張して無表情 女装イラスト化しても、...
古都礼奈をフォローする