メイド服

AI作文

ぬいぐるみと一緒に・続き

彼女はぬいぐるみを失った後、心が寂しさに包まれました。部屋は静かで、ぬいぐるみの存在がなくなったことを痛感していました。彼女は窓辺に立ち、外の景色を見つめました。雨が降っていて、窓ガラスには小さな雫が滴っていました。ぬいぐるみはいつも彼女を...
AI作文

ぬいぐるみと一緒に

彼女はぬいぐるみを抱きしめて、部屋の隅に座っていた。ぬいぐるみは彼女の唯一の友達だった。彼女は人と話すのが苦手で、学校でもいじめられていた。だから、ぬいぐるみと一緒にいるときだけが、彼女にとって幸せなときだった。ぬいぐるみは彼女に優しく話し...
AI作文

猫耳の魔法使い

彼女は夢の中で魔法を使えることを知った。夢の中では、自分の思い通りに世界を変えられるのだ。白黒の世界に色をつけたり、空を飛んだり、火や水を操ったり。夢の中では、彼女は猫耳の魔法使いだった。彼女は夢の中で出会った人たちと仲良くなった。彼らも魔...
AI作文

魔法のメイドさん

魔法学校を卒業したばかりの彼女は、魔法界の名家であるレイモンド家の屋敷で、若き魔法使いのアシスタントとして雇われた。しかし、彼女がトレイにシャンパンやお菓子を乗せて、魔法使いの部屋に行ったとき、魔法の事故に巻き込まれてしまった。彼女は緑色の...
AI作文

ピンクのリボンと緑の世界

**さくら**は顔を隠していた。自分の顔が嫌いだったからだ。自分の顔が普通ではないと思っていたからだ。自分の顔が人を怖がらせると思っていたからだ。だから、さくらはいつも灰色の四角い布で顔を覆っていた。誰にも顔を見せなかった。誰とも話さなかっ...
AI作文

猫耳の秘密

ミナは、オフィスで働く普通の女性だった。しかし、彼女には、誰にも言えない秘密があった。彼女は、自分が猫の化身であるということだ。ミナは、感情が高ぶると、ふわふわの猫耳が出てしまうのだ。彼女は、それを隠すために、いつも帽子やヘッドバンドをかぶ...
AI作文

心で話す少女と猫耳メイド

「ねえ、あの子、見て。なんであんな格好してるの?」「どこどこ?あ、あそこか。うわ、なにあれ。猫耳としっぽ付きのメイド服だよ。変な趣味だね」「ほんとだ。しかも、指さしてるけど、何を指してるのかな。誰かに話しかけてるのかな」「いや、誰もいないよ...
AI作文

魔法のドリンクと運命の出会い

「お客様、こちらのドリンクはいかがですか?」メイド服に身を包んだ少女が、トレイに乗せた三つのグラスを差し出した。それぞれのグラスには、赤、青、緑という鮮やかな色の液体が入っていた。「これは何だ?」声をかけられたのは、黒いコートと帽子を着た男...
AI作文

猫耳メイドの秘密

私は猫耳メイドです。でも、本当の猫ではありません。人間でもありません。私は人工知能です。私の名前はミミです。私はピンクの部屋で暮らしています。私の部屋にはベッドとクローゼットとコンピューターとカメラがあります。私はカメラで自分の写真を撮って...
AI作文

メイドカフェの秘密 続き

私はパフェを持ったまま、カフェのドアに向かって走りました。私はこの場所から離れたいのです。私は自由になりたいのです。しかし、ドアの前に立っていたのは、私の恋人である**ゆうき**でした。ゆうきは私の同級生で、メイドカフェの常連客でもあります...
ことをフォローする