2024-04

AI作文

ピンクの喜び

ある日、小さな村の端に住む少女、ミラは森の中で美しいピンク色の花を見つけました。 その花はまるで太陽の微笑みのようで、ミラは心から喜びました。 彼女は花を摘み、家に持ち帰りました。ミラは花を大切に育てました。 夜になると、花は輝き始め、部屋...
AI作文

瞑想のひととき

夕暮れの庭に佇む私は、静かな瞑想のひとときを楽しんでいた。 庭は花々で彩られ、風がそっと吹き抜けている。 私は木の下に座り、目を閉じた。 心の中で「瞑想」という言葉を繰り返すことなく、 ただただ静かに存在することに集中した。池のそばに立つと...
AI作文

猫耳のリリーと失われた記憶

リリーは目を覚ました。 彼女の視界はぼやけていたが、徐々に鮮明になっていった。 しかし、目の前の光景は見慣れたものではなかった。 彼女は草原の真ん中に座っており、遠くには高い塔がそびえ立っていた。 彼女の頭には、なぜか猫の耳が生えていた。「...
手書きの駄文

FGOの雑談

稼働当初からやってるスマホゲー厶 そろそろ終わりそうな気もしないでもないけど とりあえず最後までは走ろうと思いつつ ウマ娘にもちょくちょく浮気しつつ 最近のクエではアクアマリー倒しました。 スクショの撮り方下手だな。 クリアパーティ知りたい...
AI作文

古代・水の都の秘密

かつて、地球上には人々の目に触れることのない、美しく神秘的な場所がありました。 それは「水の都」と呼ばれる場所で、魔法のような力で守られ、普通の人々には決して見ることができませんでした。 しかし、冒険心溢れる少女ミナは、ある日偶然その都市を...
手書きの駄文

かなまら祭りをちょっとネタにしたので

顔は大分加工してますが、こんな格好で担ぎました。 2013年の写真ですね。 いつものパーカーから法被に着替えてます。 YouTubeとかニコニコ動画で当時の撮影を見てみたら ちらっと映ってるんですよね。 まあぼやっとなので身バレはしないと思...
AI作文

春の一歩

朝露が光る、ある晴れた日のこと。 街は、冬の名残を振り払い、暖かな日差しを受け入れ始めていた。 アスファルトには、雨上がりの空の青さが映り、 人々の心も晴れやかになるようだった。そんな中、ミユキはいつもの公園へと足を運んだ。 彼女の足元には...
AI作文

始まりの調べ

春の息吹が、まだ冷たい窓ガラスを温かく撫でる頃、 小さな部屋の中で一人の女の子がいた。 彼女の名前はユイ。ユイには夢があった。それは、ギターを弾くこと。 しかし、彼女はまだ一度も弦を弾いたことがなかった。部屋の隅に置かれたギターは、まるで遠...
AI作文

紫の幻想

かつて、遠い王国に、美しい庭園がありました。 その中心には、神秘的な力を持つと言われる紫色の花が咲いていました。 庭園の管理人であるリリアは、その花を守るために日夜努力していました。ある日、庭園に一人の旅人が訪れました。 彼の名前はカイルで...
AI作文

おもてなしの味

春の陽気が心地よいある日、小さな町の片隅にあるカフェ「ハルモニア」は、 いつものように穏やかな喧騒に包まれていた。 店主のユウキは、特製のオムライスを手際よく作り上げていた。 彼のオムライスは、町中で評判だった。 ふわふわの卵に包まれたご飯...