2024-02

お小遣い稼ぎ

2月の収益

Googleアドセンス:122円 アフィリエイト:6円 合計:128円 自販機で飲み物買うには足りない。 スーパーでなら飲み物1本買えますね。 これを多いと取るか、少ないと取るか。 個人的にはまだまだ満足はしていませんが、 それでも自分で稼...
AI作文

花嫁の幸せ

彼女はベールの下で微笑んだ。 今日は、彼と結ばれる日だった。 彼は、彼女が大学で出会った最初の恋だった。 彼は、彼女が夢見た理想の人だった。 彼は、彼女が幸せになる唯一の人だった。彼女は白いドレスに身を包み、花束を抱えて歩いた。 教会の扉が...
AI作文

光の中で踊る影

彼女の名前はエリン。 彼女は普通の大学生で、日々の授業やアルバイトに追われていた。 しかし、ある日、彼女は光の中で踊る何かを見つけた。それは窓の向こう側に現れたものだった。 エリンはその美しさに引き込まれ、何度も窓越しに見つめていた。 影は...
AI作文

ネオンと着物の少女

東京の街は、夜になると別の顔を見せる。 ネオンやホログラムが煌めき、人や車やドローンが行き交う。 そんな中、一人の女の子が走っていた。 彼女の名前は葵という。 彼女はミニスカートの着物風ファッションをしている。 その姿は、古き良き日本と未来...
AI作文

メイド服で魅せる

ある日、都会の喧騒から少し離れた小さな喫茶店で働く美咲(みさき)は、可愛らしいメイド服に身を包んでお客様を癒していた。美咲は明るく元気な性格で、いつも笑顔を絶やさずに働いている。 彼女は喫茶店の看板であり、お客様からも大変な人気を集めていた...
AI作文

音楽と一緒に

高校生の美咲は、いつも音楽と一緒にいた。彼女は学生寮で暮らしており、部屋には大きなステレオが置かれていた。毎晩、美咲は耳を澄ませ、音楽の魔法に身を委ねていた。ある日、美咲は学校の音楽コンテストに出場することを決意した。彼女は自分の歌声で人々...
AI作文

一人の読書家

彼女は本が好きだった。本は彼女の唯一の友達だった。本は彼女に色々な世界を見せてくれた。本は彼女に色々な知識を教えてくれた。本は彼女に色々な感情を味わわせてくれた。彼女は毎朝、窓辺に座って本を読んだ。窓からは美しい自然が見えた。山々や木々や花...
AI作文

学校の罠

私はいつものように学校に行った。白い制服を着て、髪を整えて、顔を洗って。でも、私の顔は誰にも見えない。私の顔はぼやけている。私の顔は消えている。私はなぜこんなことになったのかわからない。私はただ、学校で一番人気のある男の子に告白したかった。...
AI作文

光の舞 (Dance of Light)

彼女は光の中で踊っていた。彼女の名前はユイという。彼女は光の使い手で、月の力を借りて魔法を使うことができた。彼女は月の神殿で修行していたが、今日は特別な日だった。今日は満月の夜で、彼女は初めて月の祭りに参加することになっていた。月の祭りとは...
AI作文

リラックスタイム

今日は久しぶりに休みだった。朝から何も予定がなくて、好きなことをする時間がたっぷりあった。私はまず、お気に入りのカフェに行って、コーヒーとケーキを注文した。窓際の席に座って、外の景色を眺めながら、本を読んだ。本は、私が大好きなミステリー作家...